「若葉」

  1. しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 富安風生【季語=夏来る(夏)】

    しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る富安風生よく晴れた五月のある午後、掃除機をかけ終わる頃にインターホンが鳴った。小さなモニターを見ると、そこにはあまり見かけない青年が立っていた。きっちりとした白い長袖…

  2. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】

    冬河原のつぴきならぬ恋ならめ行方克巳(『昆虫記』) 冬の河…

  3. 初旅の富士より伊吹たのもしき 西村和子【季語=初旅(新年)】

    初旅の富士より伊吹たのもしき西村和子新年明けましておめでと…

  4. デモすすむ恋人たちは落葉に佇ち 宮坂静生【季語=落葉(冬)】

    デモすすむ恋人たちは落葉に佇ち宮坂静生 (『全景宮坂静生』)…

  5. 金魚屋が路地を素通りしてゆきぬ 菖蒲あや【季語=金魚(夏)】

    金魚屋が路地を素通りしてゆきぬ)菖蒲あや『路地』1967年…

  6. 滝落したり落したり落したり 清崎敏郎【季語=滝(夏)】

  7. 皹といふいたさうな言葉かな 富安風生【季語=皹(冬)】

  8. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】

  9. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】

  10. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】

  11. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】

  12. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】

おすすめ記事

  1. 帰るかな現金を白桃にして 原ゆき【季語=白桃(秋)】
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【5】/坂口晴子(「銀漢」同人・)
  3. 【冬の季語】冬の月
  4. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  5. 数と俳句(三)/小滝肇

Pickup記事

  1. 【新連載】きょうのパン句。【#1】BEAVER BREAD
  2. 【新年の季語】なまはげ
  3. 花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ 星野麥丘人【季語=花ミモザ(春)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  5. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】
PAGE TOP