「馬酔木」

  1. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】

    秋草のはかなかるべき名を知らず)相生垣瓜人 BSで放送中の「岸辺のアルバム」(1977年/山田太一原作・脚本)が面白い。突然かかってきた電話の主の男性に会いに行く主婦とその家族。現代でも信じられない…

  2. 告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子【季語=泳ぐ(夏)】

    告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む恩田侑布子(『夢洗ひ』) 想…

  3. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】

    利根川のふるきみなとの蓮かな水原秋櫻子(『葛飾』)もともと…

  4. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】

    愛されずして沖遠く泳ぐなり藤田湘子(『途上』) 一緒に泳ぎ…

  5. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】

    香水の一滴づつにかくも減る)山口波津女 7年前の夏、京都に…

  6. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】

  7. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】

  8. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】

  9. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】

  10. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】

  11. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】

  12. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第41回】 赤城山と水原秋櫻子

おすすめ記事

  1. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)】
  2. かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり【季語=かんぱち(夏)】
  3. 思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端居(夏)】
  4. まはし見る岐阜提灯の山と川 岸本尚毅【季語=岐阜提灯(夏)】
  5. 【夏の季語】万緑

Pickup記事

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  2. 飯蛸に昼の花火がぽんぽんと 大野朱香【季語=飯蛸(春)】
  3. 【新年の季語】餅花
  4. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】
  5. 冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟【季語=冬蟹(冬)】
PAGE TOP