「鷹」

  1. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】

    丹田に力を入れて浮いて来い)飯島晴子)平成十二年の作。晴子は七九歳。遺句集『平日』の最後の句。丹田の句は、無茶苦茶な句だ。「浮いて来い」は、そもそも水にふらふら浮いているもの。それに…

  2. 十薬の蕊高くわが荒野なり 飯島晴子【季語=十薬(夏)】

    十薬の蕊高くわが荒野なり)飯島晴子)平成三年の作。晴子は七…

  3. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】

    螢とび疑ひぶかき親の箸)飯島晴子) 昭和45年の作。晴子は…

  4. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】

    襖しめて空蟬を吹きくらすかな)飯島晴子) 昭和四九年の作。…

  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年6月分】

    セクト・ポクリットでは2021年1月より、「コンゲツノハイク」をはじめました。前月…

  6. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】

  7. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】

  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】

  9. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】

  10. 田に人のゐるやすらぎに春の雲 宇佐美魚目【季語=春の雲(春)】

  11. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】

  12. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP