1. 麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ 長谷川素逝【季語=麦からを焼く?】

    麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ長谷川素逝(橋本石火『長谷川素逝の百句』)長谷川素逝というと『砲車』が有名だが、この句は『三十三才』所収。『砲車』について引用書の巻末の解説文では、「『砲車』は戦争賛美…

  2. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】

    葉桜の夜へ手を出すための窓)加倉井秋を)何をしていたのだろ…

  3. 夜着いて花の噂やさくら餅 關 圭草【季語=桜餅(春)】

    夜着いて花の噂やさくら餅關 圭草(せき・けいそう)引き続き…

  4. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】

    沈丁や夜でなければ逢へぬひと五所平之助(『五所亭俳句集』)…

  5. 春雪の一日が長し夜に逢ふ 山田弘子【季語=春雪(春)】

    春雪の一日が長し夜に逢ふ山田弘子(やまだ・ひろこ)何かの延…

  6. 女に捨てられたうす雪の夜の街燈 尾崎放哉【季語=雪(冬)】

  7. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】

  8. 暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる 佐藤鬼房【季語=暑し(夏)】

  9. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】

  10. 冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤楸邨【季語=冴返る(春)】

  11. 大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太【季語=大年(冬)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP