1. ぬばたまの夜やひと触れし髪洗ふ 坂本宮尾【季語=髪洗ふ(夏)】

    ぬばたまの夜やひと触れし髪洗ふ坂本宮尾(『天動説』)幼い頃、髪を洗うのは三日に一回であった。濡れた髪は風邪をひきやすいという理由であった。母親が忙しくて髪を洗ったり乾かしたりする手伝いが出来なかった…

  2. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】

    夜の子の明日の水着を着てあるく森賀まり2018年9月9日、…

  3. 凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎【季語=凍る(冬)】

    凍る夜の大姿見は灯を映す一力五郎私に影響を与えた「駒草」の…

  4. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】

    菊食うて夜といふなめらかな川飯田晴先週、句集の手触りの話を…

  5. 中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼【季語=桃(秋)】

    中年や遠くみのれる夜の桃西東三鬼(『夜の桃』) 10代、2…

  6. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春)】 

  7. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】

  8. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】

  9. 麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ 長谷川素逝【季語=麦からを焼く?】

  10. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】

  11. 夜着いて花の噂やさくら餅 關 圭草【季語=桜餅(春)】

  12. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】

おすすめ記事

  1. 夕空や日のあたりたる凧一つ 高野素十【季語=凧(春)】
  2. 【春の季語】恋の猫
  3. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年3月分】
  5. 【秋の季語】林檎

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月5日配信分】
  2. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  3. 【秋の季語】蛇穴に入る
  4. 一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥【季語=春惜しむ(春)】
  5. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場 キャンプファイヤー バーベキュー
PAGE TOP