散る

  1. 大空へ解き放たれし燕かな 前北かおる【季語=燕(春)】

    大空へ解き放たれし燕かな前北かおる徒歩圏内の植物を把握するのと同じくらい大切なのは燕の巣のありかを見つけることである。昨日までに新たな生活圏でなんとか4つの巣を見つけた。燕はよく鳴くので比較的巣の場…

  2. 花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那【季語=花散る(春)】

    花散るや金輪際のそこひまで池田瑠那映画やテレビの世界では間…

  3. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】

    仲秋の金蠅にしてパッと散る波多野爽波「パッ」のオノマトペが…

  4. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】

    秋海棠西瓜の色に咲にけり松尾芭蕉(角川ソフィア文庫『芭蕉全句集』)…

  5. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦

    幾千代も散るは美し明日は三越攝津幸彦(現代俳句文庫『攝津幸彦句集』)…

  6. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】

  7. おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規【季語=花散る(春)】

  8. 「体育+俳句」【第3回】畔柳海村+サッカー

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】秋の蛇
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第5回】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ
  4. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】
  5. ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず 有馬朗人【季語=涅槃図(春)】

Pickup記事

  1. 卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃【季語=卒業(春)】
  2. 【冬の季語】春近し
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第21回】玄界灘と伊藤通明
  4. さまざまの事おもひ出す桜かな 松尾芭蕉【季語=桜(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第41回】矢野玲奈
PAGE TOP