永田耕衣

  1. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 

    虎の上に虎乗る春や筥いじり)(永田耕衣永田耕衣の俳句を読んでいると、なにか珍しい骨董品を見ているような感覚に陥ることがある。私は骨董品に詳しいわけでもないけれど、手にとっていろんな角度から、…

  2. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】

    休みの日晝まで霜を見てゐたり永田耕衣畳にごろんと寝転んで、…

  3. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】

    野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな)永田耕衣「驢鳴集」(昭和27…

  4. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】

    みちのくに生まれて老いて萩を愛づ佐藤鬼房(『幻夢』2004年)…

  5. 白梅や天没地没虚空没 永田耕衣【季語=白梅(春)】

    白梅や天没地没虚空没永田耕衣(「而今・只今」2013年沖積舎)…

  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゼブラのガトー

  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣

  8. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】

おすすめ記事

  1. 秋草の揺れの移れる体かな 涼野海音【季語=秋草(秋)】
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第2回】石田波郷と写真と俳句
  3. 【春の季語】初蝶
  4. とれたてのアスパラガスのやうな彼 山田弘子【季語=アスパラガス(春)】
  5. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】猫の子
  2. 又の名のゆうれい草と遊びけり 後藤夜半【季語=ゆうれい草(夏)】
  3. 「けふの難読俳句」【第9回】「蹼」
  4. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  5. わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹【季語=蝶(春)】
PAGE TOP