節分会

  1. 【冬の季語】節分

    【冬の季語=晩冬(2月)】節分「立春」(毎年2月4日ごろ)の前日のこと。一般的には「鬼は外、福は内」と声を出しながら「豆撒」をして、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる「厄除」=「追儺」を行う…

  2. 【冬の季語】追儺

    【冬の季語=晩冬(2月)】追儺「立春」前日、すなわち「節分」に邪気…

  3. 【冬の季語】鬼やらい

    【冬の季語=晩冬(2月)】鬼やらい「節分」に「豆を撒く」こと。動詞…

  4. 【冬の季語】節分会

    【冬の季語=晩冬(2月)】節分会寺などで行われる大々的な「節分」行事を「節…

  5. 【冬の季語】鬼やらう

    【冬の季語=晩冬(2月)】鬼やらう「節分」に「豆を撒く」こと。名詞…

  6. 【冬の季語】豆撒く

  7. 【冬の季語】豆撒

おすすめ記事

  1. 楽譜読めぬ子雲をつれて親夏雲 秋元不死男【季語=夏雲(夏)】
  2. 【冬の季語】冬の水
  3. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【17】服部崇
  5. 高梁折れて頬を打つあり鶉追ふ      三溝沙美【季語=鶉(秋)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】月涼し
  2. 【秋の季語】狗尾草/ゑのこ草 ゑのころ 猫じやらし
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【20】/片山辰巳
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第33回】葛城山と阿波野青畝
  5. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
PAGE TOP