豆撒

  1. 【冬の季語】節分

    【冬の季語=晩冬(2月)】節分「立春」(毎年2月4日ごろ)の前日のこと。一般的には「鬼は外、福は内」と声を出しながら「豆撒」をして、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる「厄除」=「追儺」を行う…

  2. 【冬の季語】追儺

    【冬の季語=晩冬(2月)】追儺「立春」前日、すなわち「節分」に邪気…

  3. 【冬の季語】鬼やらい

    【冬の季語=晩冬(2月)】鬼やらい「節分」に「豆を撒く」こと。動詞…

  4. 【冬の季語】節分会

    【冬の季語=晩冬(2月)】節分会寺などで行われる大々的な「節分」行事を「節…

  5. 【冬の季語】鬼やらう

    【冬の季語=晩冬(2月)】鬼やらう「節分」に「豆を撒く」こと。名詞…

  6. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】

  7. 【冬の季語】豆撒く

  8. 【冬の季語】豆撒

おすすめ記事

  1. 永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希【季語=冬銀河(冬)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#5
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月17日配信分】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  5. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦
  2. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】
  3. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語=コスモス(秋)】
  4. 【夏の季語】香水
  5. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥
PAGE TOP