鷹羽狩行

  1. 仕切り繰返す間も掃き五月場所 鷹羽狩行【季語=五月場所(夏)】

    仕切り繰返す間も掃き五月場所鷹羽狩行今週月曜日、両国国技館へ大相撲夏場所二日目を観戦した。外は寒く雨が降っていたが、国技館のなかは熱気で溢れていた。最近は、大声を出して応援することができるようになっ…

  2. 新蕎麦のそば湯を棒のごとく注ぎ 鷹羽狩行【季語=新蕎麦(秋)】

    新蕎麦のそば湯を棒のごとく注ぎ鷹羽狩行 東京に来て蕎麦を食…

  3. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】

    風光りすなはちもののみな光る鷹羽狩行 先週末、快晴のもと「…

  4. 去年今年詩累々とありにけり 竹下陶子【季語=去年今年(冬)】

    去年今年詩累々とありにけり)竹下陶子世の中に才能や技術の高…

  5. オルゴールめく牧舎にも聖夜の灯 鷹羽狩行【季語=聖夜(冬)】

    オルゴールめく牧舎にも聖夜の灯)鷹羽狩行父の影響を受けてギ…

  6. 枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ 鷹羽狩行【季語=枯野(冬)】

  7. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】

  8. プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷【季語=夏来る(夏)】

  9. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】

  10. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由

  11. 【投稿募集】アゴラ・ポクリット

  12. 「体育+俳句」【第2回】西山ゆりこ+ダンス

おすすめ記事

  1. 郭公や何処までゆかば人に逢はむ 臼田亜浪【季語=郭公(夏)】
  2. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月18日配信分】
  4. 革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】
  5. 【冬の季語】今朝の冬

Pickup記事

  1. 水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】
  2. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】
  4. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】
  5. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第3回】
PAGE TOP