ハイクノミカタ

あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

あぢさゐはすべて残像ではないか 

山口優夢

異論があるかもしれないが、私はこの句からたくさんの花よりも、まずはせいぜい、ひとつかふたつほどの花を思い浮かべる。つまり、ここでの「あぢさゐ」は、ひとまずは小さな花弁の色合いのグラデーションのことを指している。しかしそこから今度は、紫陽花のつづく長い道のような大きな景が見えてくる。その二重性が、まるで言葉の「残像」のようにも感じられてくる一句だ。『残像』(2011)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. アルプスの雪渓見えてくる離陸 稲畑汀子【季語=雪渓(夏)】
  2. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
  3. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏…
  4. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】…
  5. 天使魚の愛うらおもてそして裏 中原道夫【季語=天使魚(夏)】
  6. おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規【季語=花散る(春)】…
  7. 曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】
  8. t t t ふいにさざめく子らや秋 鴇田智哉

おすすめ記事

  1. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第26回】小豆島と尾崎放哉
  3. 【夏の季語】泉
  4. 体内の水傾けてガラス切る 須藤徹【無季】
  5. 【銀漢亭スピンオフ企画】ホヤケン/田中泥炭【特別寄稿】
  6. 【冬の季語】枯木
  7. 古池や芭蕉飛こむ水の音 仙厓【季語=芭蕉(秋)】
  8. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】
  9. シゴハイ【第2回】青柳飛(会議通訳)
  10. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬帽子
  2. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第105回】藤森荘吉
  4. 流氷が繋ぐ北方領土かな 大槻独舟【季語=流氷(冬)】 
  5. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
  6. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】
  7. 【夏の季語】風鈴
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  9. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第54回】 宗谷海峡と山口誓子
PAGE TOP