ハイクノミカタ

あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

あぢさゐはすべて残像ではないか 

山口優夢


異論があるかもしれないが、私はこの句からたくさんの花よりも、まずはせいぜい、ひとつかふたつほどの花を思い浮かべる。つまり、ここでの「あぢさゐ」は、ひとまずは小さな花弁の色合いのグラデーションのことを指している。しかしそこから今度は、紫陽花のつづく長い道のような大きな景が見えてくる。その二重性が、まるで言葉の「残像」のようにも感じられてくる一句だ。『残像』(2011)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 黄金週間屋上に鳥居ひとつ 松本てふこ【季語=黄金週間(夏)】
  2. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
  3. 膝枕ちと汗ばみし残暑かな 桂米朝【季語=残暑(秋)】
  4. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】…
  5. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】
  6. 初場所の力士顚倒し顚倒し 三橋敏雄【季語=初場所(新年)】
  7. 原爆忌誰もあやまつてはくれず 仙田洋子【季語=原爆忌(秋)】
  8. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語…

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP