ハイクノミカタ

あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

あぢさゐはすべて残像ではないか 

山口優夢

異論があるかもしれないが、私はこの句からたくさんの花よりも、まずはせいぜい、ひとつかふたつほどの花を思い浮かべる。つまり、ここでの「あぢさゐ」は、ひとまずは小さな花弁の色合いのグラデーションのことを指している。しかしそこから今度は、紫陽花のつづく長い道のような大きな景が見えてくる。その二重性が、まるで言葉の「残像」のようにも感じられてくる一句だ。『残像』(2011)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. かいつぶり離ればなれはいい関係 山﨑十生【季語=鳰(冬)】
  2. 【毎日更新中!】ハイクノミカタ
  3. 山羊群れて夕立あとの水ほとり  江川三昧【季語=夕立(夏)】
  4. コスモスや泣きたくなつたので笑ふ 吉田林檎【季語=コスモス(秋)…
  5. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】
  6. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  7. オルゴールめく牧舎にも聖夜の灯 鷹羽狩行【季語=聖夜(冬)】
  8. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】

おすすめ記事

  1. 雲の上に綾蝶舞い雷鳴す 石牟礼道子【季語=雷鳴(夏)】
  2. 背広来る来るジンギスカンを食べに来る 橋本喜夫【季語=ジンギスカン(秋)】 
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第58回】 秩父と金子兜太
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第11回】小島 健
  5. 【秋の季語】後の月
  6. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
  7. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年2月分】
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年6月分】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月27日配信分】

Pickup記事

  1. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  2. クリスマスイヴの始る厨房よ    千原草之【季語=クリスマス(冬)】
  3. 【冬の季語】マスク
  4. 【冬の季語】聖樹
  5. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
  6. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  7. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】
  8. 蟷螂にコップ被せて閉じ込むる 藤田哲史【季語=蟷螂(秋)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第10回】相沢文子
  10. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】
PAGE TOP