ハイクノミカタ

がんばるわなんて言うなよ草の花 坪内稔典【季語=草の花(秋)】


がんばるわなんて言うなよ草の花

坪内稔典


坪内稔典が毎日新聞に連載している「季語刻々」を楽しみにしている。

楽しみにしているというか、ふと思い出してふらっと立ち寄る散歩道のような感じですけどね。

このたび、連載のセレクションが『俳句いまむかし』(毎日新聞出版発行、1800円+税)となったのは、うれしいこと。

さて掲句、そんなネンテン先生の代表句のひとつで、『坪内稔典百句』にも収録されているのだが、誰(何)が誰(何)に向かって「がんばるわなんて言うなよ」と言っているのかで、解釈が分かれる句だろう。

作者が知人に向かって言っている、あるいは「草の花」に向かって言っている、などといろいろ考えられるのですが、私の読みは、自分に向かって言っているというもの。

つまり、「草の花」が「作者」に向かって、「がんばるわなんて言うなよ」と言っているという解釈。

まあ、「がんばるわ」というのも、女性的な言葉と、男性的な言葉の二種類が考えられるのですが、後者でとったということですね。

だってさ、「草の花」ってそんなに頑張ってない感じ、するじゃないですか。

だから結局、もし作者が誰かに「がんばるわなんて言うなよ」と言っているのだとすれば、それはもう、ネンテン先生自身が「草の花」だってことですよ。

(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎【季語=春の雪…
  2. かき氷日本を捨てる話して 橋本直【季語=かき氷(夏)】
  3. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  4. 浅春の岸辺は龍の匂ひせる 対中いずみ【季語=亀浅春(春)】
  5. 恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子【季語=紅葉(秋)】
  6. うららかや空より青き流れあり 阿部みどり女【季語=うららか(春)…
  7. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】…
  8. 流氷は嘶きをもて迎ふべし 青山茂根【季語=流氷(春)】

おすすめ記事

  1. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  2. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑
  3. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  4. 月光や酒になれざるみづのこと 菅 敦【季語=月光(秋)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第30回】暗峠と橋閒石
  6. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  7. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#9
  8. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】
  9. ハイシノミカタ【#2】「奎」(小池康生代表)
  10. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】梅雨
  2. 仕切り繰返す間も掃き五月場所 鷹羽狩行【季語=五月場所(夏)】
  3. 【秋の季語】虫籠/むしご
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月26日配信分】
  5. 【夏の季語】水中花/酒中花
  6. 人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子【季語=人の日(新年)】
  7. 【夏の季語】草ロール
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】
  9. 【冬の季語】雪兎
  10. 待春やうどんに絡む卵の黄 杉山久子【季語=待春(春)】
PAGE TOP