ハイクノミカタ

がんばるわなんて言うなよ草の花 坪内稔典【季語=草の花(秋)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

がんばるわなんて言うなよ草の花

坪内稔典


坪内稔典が毎日新聞に連載している「季語刻々」を楽しみにしている。

楽しみにしているというか、ふと思い出してふらっと立ち寄る散歩道のような感じですけどね。

このたび、連載のセレクションが『俳句いまむかし』(毎日新聞出版発行、1800円+税)となったのは、うれしいこと。

さて掲句、そんなネンテン先生の代表句のひとつで、『坪内稔典百句』にも収録されているのだが、誰(何)が誰(何)に向かって「がんばるわなんて言うなよ」と言っているのかで、解釈が分かれる句だろう。

作者が知人に向かって言っている、あるいは「草の花」に向かって言っている、などといろいろ考えられるのですが、私の読みは、自分に向かって言っているというもの。

つまり、「草の花」が「作者」に向かって、「がんばるわなんて言うなよ」と言っているという解釈。

まあ、「がんばるわ」というのも、女性的な言葉と、男性的な言葉の二種類が考えられるのですが、後者でとったということですね。

だってさ、「草の花」ってそんなに頑張ってない感じ、するじゃないですか。

だから結局、もし作者が誰かに「がんばるわなんて言うなよ」と言っているのだとすれば、それはもう、ネンテン先生自身が「草の花」だってことですよ。

(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 竹秋や男と女畳拭く 飯島晴子【季語=竹秋(春)】
  2. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  3. 極月の空青々と追ふものなし 金田咲子【季語=極月(冬)】
  4. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】
  5. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
  6. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】
  7. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】…
  8. 澁柿を食べさせられし口許に 山内山彦【季語=柿(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP