ハイクノミカタ

こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

こまごまと大河のごとく蟻の列

深見けん二


「こまごまと」と「大河」というふたつの言葉は、一見すると矛盾している。蟻の列は、大河のようであるが、やはり「こまごまと」している。つまり、この表現は、自分で書いたものを、みずからの手で二重線を引いて抹消するような、そんな手つきである。もしこれが単に「大河」に見立てただけならば、たんなる嘘になってしまうのだが、この抹消の身振りがあることによって、現実から5センチほど浮かび上がった世界の描写となっている。『深見けん二俳句集成』(2016)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 蟷螂にコップ被せて閉じ込むる 藤田哲史【季語=蟷螂(秋)】
  2. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】
  3. 数と俳句(三)/小滝肇
  4. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】…
  5. 春雷の一喝父の忌なりけり 太田壽子【季語=春雷(春)】
  6. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】
  7. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】
  8. 同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第6回】天野小石
  2. 「けふの難読俳句」【第7回】「半月」
  3. 【冬の季語】湯婆(たんぽ)
  4. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】
  5. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)】
  6. 秋淋し人の声音のサキソホン 杉本零【季語=秋淋し(秋)】
  7. 【連載】新しい短歌をさがして【3】服部崇
  8. 街坂に雁見て息をゆたかにす 福永耕二【季語=雁(秋)】
  9. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
  10. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 

Pickup記事

  1. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  2. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】
  3. 【#15】秋に聴きたくなる曲
  4. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#11】異国情緒
  6. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】
  7. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第7回】レンズ交換式カメラについて
  8. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】
  9. 【春の季語】菜の花
  10. 夏蝶の口くくくくと蜜に震ふ 堀本裕樹【季語=夏蝶(夏)】
PAGE TOP