ハイクノミカタ

ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 

池田澄子


ゴーヤー(茘枝)は秋の季語だが、大胆に、しかもひらがなで、「ごーやーちゃんぷるー」と打ち出した句はめずらしい。しかし、「ときどき人が泣く」とは、いったいどんな状況だろう? 「人は泣く」ではなく「人が泣く」だから、一般的な人間のことを言っているのではないのだ。しかし調理のためにワタをくり抜かれ、どこか虚になってしまったゴーヤの姿は、満たされない人間の心情とどこかしら響きあっている。『此処』(2020)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】
  2. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】
  3. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セー…
  4. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊
  5. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】
  6. 彫り了へし墓抱き起す猫柳 久保田哲子【季語=猫柳(春)】
  7. 橇にゐる母のざらざらしてきたる 宮本佳世乃【季語=橇(…
  8. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】泰山木の花
  2. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
  4. 【冬の季語】悴む
  5. 【冬の季語】豆撒く
  6. 【新年の季語】松の内
  7. コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る 岩垣子鹿【季語=銀杏散る(冬)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目
  9. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  10. 【#35】俳誌に連載させてもらうようになったことについて

Pickup記事

  1. 【春の季語】三椏の花
  2. 【春の季語】うらら
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
  4. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  5. 【夏の季語】草いきれ
  6. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  7. 木の葉髪あはれゲーリークーパーも 京極杞陽【季語=木の葉髪(冬)】
  8. 春の言葉おぼえて体おもくなる 小田島渚【季語=春(春)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月18日配信分】
  10. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】
PAGE TOP