ハイクノミカタ

どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

どちらかと言へば麦茶の有難く

稲畑汀子


誰かの家に行き、あるいは仕事の打ち合わせなどで、「何がいいですか?」といくつかの選択肢を提示されたが、これというものがない。「…まあ、じゃあ麦茶で」の「…まあ、じゃあ」の部分は、わりと〈麦茶〉という季題の本質だったりするわけで、ほかの飲み物を入れてみても、なかなかうまくいかない。個人的なことをいうと、私は麦茶の匂いも味わいもそれほど好きではなく、これまでにたぶん数回しか飲んだことがない。でも好きな人もいるんだろうなあ。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ 渡辺白泉【季語=カンナ(秋)】…
  2. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】
  3. 怒濤聞くかたはら秋の蠅叩 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  4. どつさりと菊着せられて切腹す 仙田洋子【季語=菊(秋)】
  5. 夫いつか踊子草に跪く 都築まとむ【季語=踊子草(夏)】
  6. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
  7. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  8. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子【季語=啄木鳥(秋)】

おすすめ記事

  1. 新蕎麦や狐狗狸さんを招きては 藤原月彦【季語=新蕎麦(秋)】
  2. 【書評】中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店、2016年)
  3. 【連載】久留島元のオバケハイク【第4回】「野槌」
  4. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#03】Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
  5. 【冬の季語】息白し
  6. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市
  7. Tシャツの干し方愛の終わらせ方 神野紗希【季語=Tシャツ(夏)】
  8. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  9. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#6
  10. 【春の季語】石鹸玉

Pickup記事

  1. 【第5回】ワイキキや黴臭きものなにもなし/千野千佳
  2. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  3. 【冬の季語】枇杷の花
  4. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦
  5. 【春の季語】引鴨
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【はじめに】こしだまほ
  7. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】
  8. 食欲の戻りてきたる子規忌かな 田中裕明【季語=子規忌(秋)】
  9. ポメラニアンすごい不倫の話きく 長嶋有
  10. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】
PAGE TOP