ハイクノミカタ

どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

どちらかと言へば麦茶の有難く

稲畑汀子


誰かの家に行き、あるいは仕事の打ち合わせなどで、「何がいいですか?」といくつかの選択肢を提示されたが、これというものがない。「…まあ、じゃあ麦茶で」の「…まあ、じゃあ」の部分は、わりと〈麦茶〉という季題の本質だったりするわけで、ほかの飲み物を入れてみても、なかなかうまくいかない。個人的なことをいうと、私は麦茶の匂いも味わいもそれほど好きではなく、これまでにたぶん数回しか飲んだことがない。でも好きな人もいるんだろうなあ。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】
  2. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】
  3. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子【季語=啄木鳥(秋)】
  4. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】
  5. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】
  6. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】
  7. 方舟へ行く一本道の闇上野ちづこ(無季)
  8. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋…

おすすめ記事

  1. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  2. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】
  3. 【秋の季語】良夜
  4. 紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵【季語=紅葉(秋)】
  5. 印刷工枯野に風を増刷す 能城檀【季語=枯野(冬)】
  6. おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思【季語=夕立(夏)】
  7. 麦藁を束ねる足をあてにけり   奈良鹿郎【季語=麦藁(夏)】
  8. 【新年の季語】繭玉
  9. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】
  10. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【8】/金井硯児(「銀漢」同人)

Pickup記事

  1. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  2. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春)】
  3. おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子【季語=おでん(冬)】
  4. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【15】服部崇
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#5
  7. 浜風のほどよき強さ白子干す 橋川かず子【季語=白子干す(春)】
  8. 夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】
  9. 【第9回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:今井肖子さん・三宅やよいさん・土肥あき子さん)
  10. 【夏の季語】昼寝
PAGE TOP