ハイクノミカタ

どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

どちらかと言へば麦茶の有難く

稲畑汀子


誰かの家に行き、あるいは仕事の打ち合わせなどで、「何がいいですか?」といくつかの選択肢を提示されたが、これというものがない。「…まあ、じゃあ麦茶で」の「…まあ、じゃあ」の部分は、わりと〈麦茶〉という季題の本質だったりするわけで、ほかの飲み物を入れてみても、なかなかうまくいかない。個人的なことをいうと、私は麦茶の匂いも味わいもそれほど好きではなく、これまでにたぶん数回しか飲んだことがない。でも好きな人もいるんだろうなあ。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 叱られて目をつぶる猫春隣 久保田万太郎【季語=春隣(冬)】
  2. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  3. をどり字のごとく連れ立ち俳の秋 井口時男【季語=秋(秋)】
  4. 新蕎麦や狐狗狸さんを招きては 藤原月彦【季語=新蕎麦(秋)】
  5. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
  6. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】…
  7. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】
  8. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP