ハイクノミカタ

なつかしきこと多くなり夜の秋 小島健【季語=夜の秋(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

なつかしきこと多くなり夜の秋

小島健


数学者・岡潔は、『春宵十話』のなかで、こんなふうに書いている。「理想は恐ろしくひきつける力を持っており、見たことがないのに知っているような気持になる。それは、見たこともない母を探している子が、他の人を見てもこれは違うとすぐ気がつくのに似ている。だから基調になっているのはこの『なつかしい』という情操だといえよう」。「なつかしきこと」が多いのは、岡潔ふうにいえば、理想が多い、ということだ。単に思い出や過去に浸っている、というわけではない。知らないことまでもが「なつかしい」。そういうことが、ありうるということを俳句はつねづね教えてくれる。『山河健在』(2020)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
  2. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦…
  3. 方舟へ行く一本道の闇上野ちづこ(無季)
  4. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】
  5. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】
  6. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】…
  7. 渡り鳥はるかなるとき光りけり 川口重美【季語=渡り鳥(秋)】
  8. 橘や蒼きうるふの二月尽 三橋敏雄【季語=二月尽(春)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP