ハイクノミカタ

なつかしきこと多くなり夜の秋 小島健【季語=夜の秋(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

なつかしきこと多くなり夜の秋

小島健


数学者・岡潔は、『春宵十話』のなかで、こんなふうに書いている。「理想は恐ろしくひきつける力を持っており、見たことがないのに知っているような気持になる。それは、見たこともない母を探している子が、他の人を見てもこれは違うとすぐ気がつくのに似ている。だから基調になっているのはこの『なつかしい』という情操だといえよう」。「なつかしきこと」が多いのは、岡潔ふうにいえば、理想が多い、ということだ。単に思い出や過去に浸っている、というわけではない。知らないことまでもが「なつかしい」。そういうことが、ありうるということを俳句はつねづね教えてくれる。『山河健在』(2020)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】
  2. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】
  3. 吸呑の中の新茶の色なりし 梅田津【季語=新茶(夏)】
  4. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
  5. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】
  6. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒…
  7. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  8. 春星や言葉の棘はぬけがたし 野見山朱鳥【季語=春星(春)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP