ハイクノミカタ

なつかしきこと多くなり夜の秋 小島健【季語=夜の秋(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

なつかしきこと多くなり夜の秋

小島健


数学者・岡潔は、『春宵十話』のなかで、こんなふうに書いている。「理想は恐ろしくひきつける力を持っており、見たことがないのに知っているような気持になる。それは、見たこともない母を探している子が、他の人を見てもこれは違うとすぐ気がつくのに似ている。だから基調になっているのはこの『なつかしい』という情操だといえよう」。「なつかしきこと」が多いのは、岡潔ふうにいえば、理想が多い、ということだ。単に思い出や過去に浸っている、というわけではない。知らないことまでもが「なつかしい」。そういうことが、ありうるということを俳句はつねづね教えてくれる。『山河健在』(2020)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 若葉してうるさいッ玄米パン屋さん 三橋鷹女【季語=若葉(夏)】
  2. わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ 友岡子郷【季語=涼し(夏)】
  3. 夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子【季語=夏みかん(夏…
  4. この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子【季語=クリスマス(…
  5. さまざまの事おもひ出す桜かな 松尾芭蕉【季語=桜(春)】
  6. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】
  7. 湯の中にパスタのひらく花曇 森賀まり【季語=花曇(春)】
  8. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】歌かるた(歌がるた)
  2. 【第6回】ポルトガル――北の村祭と人々2/藤原暢子
  3. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」鯛の塩釜焼き
  5. 【書評】人生の成分・こころの成分――上田信治『成分表』(素粒社、2022年)
  6. 【冬の季語】雪折
  7. 虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会 飴山實【季語=初句会(新年)】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年1月分】
  9. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  10. 数と俳句(二)/小滝肇

Pickup記事

  1. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】
  2. 動かない方も温められている 芳賀博子
  3. 特定のできぬ遺体や春の泥 高橋咲【季語=春の泥(春)】
  4. 夏蝶の口くくくくと蜜に震ふ 堀本裕樹【季語=夏蝶(夏)】
  5. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  6. 干されたるシーツ帆となる五月晴 金子敦【季語=五月晴(夏)】
  7. 【冬の季語】咳
  8. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】
  9. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋桜子【季語=啄木鳥(秋)】
  10. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】
PAGE TOP