ハイクノミカタ

一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】


一匹の芋虫にぎやかにすすむ

月野ぽぽな


長らくニューヨークに住む作者は、2017年に第63回角川俳句賞を受賞したが、そのときの受賞作でもっとも印象に残った句のひとつがこれだ。

郷里の信州を想った句だろうか。通常、「にぎやか」という言葉は、喋り方や音などに使う言葉だが、この「にぎやかに」はそれを色に、あるいは動きに転用している。よほど発色がよく、よほど元気な芋虫なのだろう。

その動きの向こう側に、バグパイプを伴った一楽団の奏でる音楽が聞こえてきそうなほど。

一方、小澤實の歳時記などにも掲載されている代表句に、〈芋虫のまはり明るく進みをり〉という句がある。こちらは逆に動きを「明るさ」に転用している句だ。

また、小澤の芋虫が、五七五のリズムに帰順させられているのに対し、ぽぽなの句は、ゆるやかな句またがりで「五七五」というよりは、「九八」のリズムだ。

どちらも十七音に変わりはないのだが、やはり「九八」のリズムのほうが躍動感に満ちている。

複雑怪奇なる世界を、たった「一匹の芋虫」の動きだけに単純化している。世界の単純化とは、捨象=抽象(アブストラクション)という作業であり、つまるところ、ほかの一切の要素を削ぎ落としてしまうことだ。

俳句の場合、作者の選び取った17音は、いつしか「世界とはこういうものだ」という宣言へとすりかわる。

いつも明るく前向きな作者。世界はよろこびと明るさに満ちていなければならない。

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】
  2. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
  3. やゝ寒し閏遅れの今日の月 松藤夏山【季語=今日の月 (秋)】
  4. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
  5. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  6. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】
  7. 初場所の力士顚倒し顚倒し 三橋敏雄【季語=初場所(新年)】
  8. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月11日配信分】
  2. 春天の塔上翼なき人等 野見山朱鳥【季語=春天(春)】
  3. 忘れゆくはやさで淡雪が乾く 佐々木紺【季語=淡雪(春)】 
  4. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
  5. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
  6. 【秋の季語】草紅葉/草の錦
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【7】/中島凌雲(「銀漢」同人)
  8. 【春の季語】浅蜊
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第111回】宮澤正明
  10. おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子【季語=おでん(冬)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】新蕎麦
  2. 青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子【季語=薔薇(夏)】
  3. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第9回】2006年 朝日杯フューチュリティステークス ドリームジャーニー
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年3月分】
  5. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】
  6. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
  7. 鰡と鯊どちらにされるかを選べ 関悦史【季語=鰡(秋)・鯊(秋)】
  8. 【秋の季語】秋山
  9. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】
  10. わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹【季語=蝶(春)】
PAGE TOP