ハイクノミカタ

択ぶなら銀河濃きころ羊村忌  倉橋羊村【季語=銀河(秋)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

択ぶなら銀河濃きころ羊村忌

倉橋羊村 


第一句集『渾身』(1991)に所収。

俳句では、故人を偲んで○○忌を季語化することがあるけれど、それはあくまで亡くなってからのこと。

掲句は、自分自身で「羊村忌」といってしまったところに俳諧味。

しかも第一句集で! そんな作者が亡くなったのは、今年2月のことでした。

1950年代から(20代のうちから)「馬酔木」で活躍し、1964年には「鷹」を創刊した藤田湘子にしたがい初代編集長として参加するも、後に退会。

1989年、青木泰夫より「波」主宰を継承。倉橋羊村は同時に、道元を師と仰いでさまざまな著作を残したけれど、この「銀河」に色濃く感じられるロマンは、やっぱり秋櫻子イズム。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
  2. パンクスに両親のゐる春炬燵 五十嵐筝曲【季語=春炬燵(春)】
  3. みすずかる信濃は大き蛍籠 伊藤伊那男【季語=蛍籠(夏)】
  4. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】…
  5. 手を敷いて我も腰掛く十三夜 中村若沙【季語=十三夜(秋)】
  6. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  7. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
  8. 敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP