ハイクノミカタ

択ぶなら銀河濃きころ羊村忌  倉橋羊村【季語=銀河(秋)】


択ぶなら銀河濃きころ羊村忌

倉橋羊村 


第一句集『渾身』(1991)に所収。

俳句では、故人を偲んで○○忌を季語化することがあるけれど、それはあくまで亡くなってからのこと。

掲句は、自分自身で「羊村忌」といってしまったところに俳諧味。

しかも第一句集で! そんな作者が亡くなったのは、今年2月のことでした。

1950年代から(20代のうちから)「馬酔木」で活躍し、1964年には「鷹」を創刊した藤田湘子にしたがい初代編集長として参加するも、後に退会。

1989年、青木泰夫より「波」主宰を継承。倉橋羊村は同時に、道元を師と仰いでさまざまな著作を残したけれど、この「銀河」に色濃く感じられるロマンは、やっぱり秋櫻子イズム。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
  2. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
  3. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏…
  4. 卒業歌ぴたりと止みて後は風 岩田由美【季語=卒業歌(春)】
  5. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花…
  6. 大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太【季語=大年(冬)】
  7. 雲の上に綾蝶舞い雷鳴す 石牟礼道子【季語=雷鳴(夏)】
  8. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】…

おすすめ記事

  1. 【#46】大学の猫と留学生
  2. 裸木となりても鳥を匿へり 岡田由季【季語=裸木(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし
  4. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】
  5. 【書評】中西夕紀 第4句集『くれなゐ』(本阿弥書店、2020年)
  6. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  7. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 
  8. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  9. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  10. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第36回】内村恭子
  2. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  3. 女に捨てられたうす雪の夜の街燈 尾崎放哉【季語=雪(冬)】
  4. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】
  5. 【秋の季語】秋蝶
  6. 【#36】ベトナムの5 dong ke(ナム・ヨン・ケー)と出会った時の話
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【10】/辻本芙紗(「銀漢」同人)
  8. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
  9. 桜貝長き翼の海の星 波多野爽波【季語=桜貝(春)】 
  10. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨
PAGE TOP