ハイクノミカタ

敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

敷物のやうな犬ゐる海の家

岡田由季


カーペットのようなふさふさの毛の大きな犬が、暑さもあって、うっぷしている。人間はみな水着姿だというのに、犬はそういうわけにはいかないから、場違い感が半端ない。真夏にはあるはずのない「敷物=カーペット」という比喩が微笑を誘う。かわいい句なのだが、現実はさらに気温が一度ほど上昇しそう。『犬の眉』(2014.7 現代俳句協会新鋭シリーズ4)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 鉄橋を決意としたる雪解川 松山足羽【季語=雪解川(春)】
  2. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】
  3. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)…
  4. 瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏 堀本裕樹【季語=瑠璃蜥蜴(夏)】
  5. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  6. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】
  7. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】
  8. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP