ハイクノミカタ

敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

敷物のやうな犬ゐる海の家

岡田由季


カーペットのようなふさふさの毛の大きな犬が、暑さもあって、うっぷしている。人間はみな水着姿だというのに、犬はそういうわけにはいかないから、場違い感が半端ない。真夏にはあるはずのない「敷物=カーペット」という比喩が微笑を誘う。かわいい句なのだが、現実はさらに気温が一度ほど上昇しそう。『犬の眉』(2014.7 現代俳句協会新鋭シリーズ4)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  2. 軋みつつ花束となるチューリップ 津川絵理子【季語=チューリップ(…
  3. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  4. 今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】
  5. 毒舌は健在バレンタインデー 古賀まり子【季語=バレンタインデー(…
  6. 夏場所や新弟子ひとりハワイより 大島民郎【季語=夏場所(夏)】
  7. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】
  8. 春ショール靡きやすくて恋ごこち 檜紀代【季語=春ショール(春)】…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  2. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月11日配信分】
  4. 【春の季語】うらら
  5. 藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ 京極杞陽【季語=藷 (秋)】
  6. きりんの子かゞやく草を喰む五月 杉山久子【季語=五月(夏)】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ
  8. 卒業歌ぴたりと止みて後は風 岩田由美【季語=卒業歌(春)】
  9. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第103回】中島三紀

Pickup記事

  1. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】
  2. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋)】
  3. ものゝふの掟はしらず蜆汁 秦夕美【季語=蜆汁(春)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット
  5. 【夏の季語】玉虫
  6. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」蕪のクリームスープ
  8. べつたら市糀のつきし釣貰ふ 小林勇二【季語=べつたら市(秋)】
  9. 【書評】広渡敬雄『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店、2021年)
  10. 観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治【季語=南風(夏)】
PAGE TOP