ハイクノミカタ

昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

昼顔の見えるひるすぎぽるとがる

加藤郁乎


この句、17音のうち5音が「る」である。この句よりも「る」の数が多い俳句というのは、これ以降存在しているのだろうか。それはともかく、この音韻的な心地よさから浮かぶイメージの句については、坪内稔典が「私はこの句から取り合わせの働きを一瞬のうちに教えられたのだった」と述懐しているけれど、「取り合わせ」というよりは「音合わせ」ではなかろうか。この音のレトリックは、「掛詞」などに通ずるものなのだろうが、この「イメージの重ね方」は、いまだ理論化されていない気もする。時代的には、ジョン・ケージやマース・カニンガムの「偶然性」とも重なり合っているようだ。『球体感覚』(1959)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  2. カルーセル一曲分の夏日陰  鳥井雪【季語=夏日陰(夏)】
  3. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】…
  4. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】
  5. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】
  6. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】
  7. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  8. 生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP