ハイクノミカタ

昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

昼顔の見えるひるすぎぽるとがる

加藤郁乎


この句、17音のうち5音が「る」である。この句よりも「る」の数が多い俳句というのは、これ以降存在しているのだろうか。それはともかく、この音韻的な心地よさから浮かぶイメージの句については、坪内稔典が「私はこの句から取り合わせの働きを一瞬のうちに教えられたのだった」と述懐しているけれど、「取り合わせ」というよりは「音合わせ」ではなかろうか。この音のレトリックは、「掛詞」などに通ずるものなのだろうが、この「イメージの重ね方」は、いまだ理論化されていない気もする。時代的には、ジョン・ケージやマース・カニンガムの「偶然性」とも重なり合っているようだ。『球体感覚』(1959)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)…
  2. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】
  3. 古きよき俳句を読めり寝正月 田中裕明【季語=寝正月(新年)】
  4. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
  5. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真…
  6. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】
  7. マグダラのマリア恋しや芥子の花 有馬朗人【季語=芥子の花(夏)】…
  8. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】

おすすめ記事

  1. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
  2. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】
  3. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】
  4. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第42回】 山中湖と深見けん二
  6. 「ハイブリッド句会」の勧め!
  7. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  8. 冬の鷺一歩の水輪つくりけり 好井由江【季語=冬の鷺(冬)】
  9. ゆげむりの中の御慶の気軽さよ 阿波野青畝【季語=御慶(新年)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊

Pickup記事

  1. 【新年の季語】小豆粥
  2. 【秋の季語】秋山
  3. あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷【季語=春の雷(春)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月4日配信分】
  5. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)
  6. 長き夜の四人が実にいい手つき 佐山哲郎【季語=長き夜 (秋)】
  7. 秋・紅茶・鳥はきよとんと幸福に 上田信治【季語=秋(秋)】
  8. 【冬の季語】冬林檎
  9. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  10. 杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼【季語=枯野(冬)】
PAGE TOP