ハイクノミカタ

昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

昼顔の見えるひるすぎぽるとがる

加藤郁乎


この句、17音のうち5音が「る」である。この句よりも「る」の数が多い俳句というのは、これ以降存在しているのだろうか。それはともかく、この音韻的な心地よさから浮かぶイメージの句については、坪内稔典が「私はこの句から取り合わせの働きを一瞬のうちに教えられたのだった」と述懐しているけれど、「取り合わせ」というよりは「音合わせ」ではなかろうか。この音のレトリックは、「掛詞」などに通ずるものなのだろうが、この「イメージの重ね方」は、いまだ理論化されていない気もする。時代的には、ジョン・ケージやマース・カニンガムの「偶然性」とも重なり合っているようだ。『球体感覚』(1959)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 逢えぬなら思いぬ草紅葉にしゃがみ 池田澄子【季語=草紅葉(秋)…
  2. かき冰青白赤や混ぜれば黎 堀田季何【季語=かき氷(夏)】
  3. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
  4. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
  5. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  6. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】
  7. 七夕のあしたの町にちる色帋   麻田椎花【季語=七夕(秋)】
  8. 底紅や黙つてあがる母の家 千葉皓史【季語=底紅(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP