ハイクノミカタ

月光や酒になれざるみづのこと 菅 敦【季語=月光(秋)】


月光や酒になれざるみづのこと

菅 敦


日本酒づくりには、酒米だけでなく「水」も大切である。

酒造りに使う水のことを「仕込み水」というが、たとえば伏見(京都)の酒は、ミネラルをほどよく含んだ中硬水。繊細な京料理にも合うような、なめらかなお酒。フランスのワインで喩えれば、ブルゴーニュだろう。

一方で、硬水を使う灘の酒は、江戸っ子たちの口を満足させるための「男酒」。雑な対比であることのご容赦を願いたいところだが、ボルドーワインのような骨格がある。

さて、掲句の「酒になれざるみづ」だが、「月」という和歌由来の題が添えられていることからも、やはり女性的でふくよかな水のかたさを思う。

もちろん、目の前に仕込み水が置かれているという酒宴の場でもよいのだが、やはり竹取物語以降の「月」にまつわる女性性のイメージから、やわらかな「みづ」へと連想が飛んだ、という読みもあるだろう。

むしろ、「みづのこと」という止め方からは、そのような読みのほうが支持されるかもしれない。

秋の夜長の、水のような月の光には、ボードレール/ドビュッシーのように官能的なブルゴーニュの赤も捨てがたいが、和装でどっしりと胡座をかいて、名月を肴に京の酒を一献というのも捨てがたい。

『仮寓』(2020)より。(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  2. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】
  3. 太る妻よ派手な夏着は捨てちまへ ねじめ正也【季語=夏着(夏)】
  4. ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子【季語=梅雨(夏)】
  5. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 
  6. 突として西洋にゆく暖炉かな 片岡奈王【季語=暖炉(冬)】
  7. 絵杉戸を転び止まりの手鞠かな 山崎楽堂【季語=手鞠(新年)】
  8. 湖をこつんとのこし山眠る 松王かをり【季語=山眠る(冬)】 

おすすめ記事

  1. 【春の季語】雛飾る
  2. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】
  3. かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり【季語=かんぱち(夏)】
  4. 叱られて目をつぶる猫春隣 久保田万太郎【季語=春隣(冬)】
  5. 生垣や忘れ一葉を落し掃く   村尾公羽【季語=一葉(秋)】
  6. 春一番競馬新聞空を行く 水原春郎【季語=春一番(春)】
  7. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】
  8. 【冬の季語】水洟
  9. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 
  10. 【冬の季語】セーター

Pickup記事

  1. 【冬の季語】八手咲く
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年4月分】
  3. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
  4. 棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌 秋元不死男【季語=青峰忌(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第115回】今田宗男
  6. 卒業す片恋少女鮮烈に 加藤楸邨【季語=卒業(春)】
  7. 【冬の季語】蓮枯る
  8. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】
  9. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
  10. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】
PAGE TOP