ハイクノミカタ

海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

海の日の海より月の上りけり 

片山由美子


「海の日」の句は、それほど多く作られていないように思う。祝日として施行されたのは1996年だが、夏休み序盤ということもあり、それなりに定着している。しかしもともとは「明治天皇が初めて船に乗ったこと」を記念して設けられていた「海の記念日」にちなむもので、明治国家の称揚と無関係ではない。掲句はその意味で、意識的であれ無意識的であれ、かなり「あやうい」句かもしれない。ところで「海の日」は「海の記念日」と同じ7月20日であったが、ハッピーマンデー制度にともなって、7月の第3月曜に。そして今年は東京オリンピックが予定されていたために、7月23日(木曜日)に。右派の議員たちは、ふたたび7月20日に祝日を戻そうという動きもあるようだが……(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
  2. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】
  3. 春林をわれ落涙のごとく出る 阿部青鞋【季語=春林(春)】
  4. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
  5. 多国籍香水六時六本木 佐川盟子【季語=香水(夏)】
  6. 澁柿を食べさせられし口許に 山内山彦【季語=柿(秋)】
  7. 橡の実のつぶて颪や豊前坊 杉田久女【季語=橡の実(秋)】
  8. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】年忘れ
  2. 【冬の季語】短日
  3. オルゴールめく牧舎にも聖夜の灯 鷹羽狩行【季語=聖夜(冬)】
  4. 藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ 京極杞陽【季語=藷 (秋)】
  5. 水底に届かぬ雪の白さかな 蜂谷一人【季語=雪(冬)】
  6. 枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮【季語=枇杷の花(冬)】
  7. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】
  8. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  9. 【夏の季語】葉桜
  10. シゴハイ【第1回】平山雄一(音楽評論家)

Pickup記事

  1. 逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】
  2. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】
  3. 【書評】菅敦 第1句集『仮寓』(書肆アルス、2020年)
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年2月分】
  5. くれなゐの花には季なし枕もと 石川淳【無季】
  6. こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
  7. 彫り了へし墓抱き起す猫柳 久保田哲子【季語=猫柳(春)】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】
  9. 【第4回】巴里居候雑記/名取里美
  10. 雪が降る千人針をご存じか 堀之内千代【季語=雪(冬)】
PAGE TOP