ハイクノミカタ

海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

海の日の海より月の上りけり 

片山由美子


「海の日」の句は、それほど多く作られていないように思う。祝日として施行されたのは1996年だが、夏休み序盤ということもあり、それなりに定着している。しかしもともとは「明治天皇が初めて船に乗ったこと」を記念して設けられていた「海の記念日」にちなむもので、明治国家の称揚と無関係ではない。掲句はその意味で、意識的であれ無意識的であれ、かなり「あやうい」句かもしれない。ところで「海の日」は「海の記念日」と同じ7月20日であったが、ハッピーマンデー制度にともなって、7月の第3月曜に。そして今年は東京オリンピックが予定されていたために、7月23日(木曜日)に。右派の議員たちは、ふたたび7月20日に祝日を戻そうという動きもあるようだが……(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】
  2. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】
  3. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月…
  4. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  5. 世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし【季語=朝寝(春)】…
  6. 新蕎麦や狐狗狸さんを招きては 藤原月彦【季語=新蕎麦(秋)】
  7. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦…
  8. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP