ハイクノミカタ

生きものの影入るるたび泉哭く 飯島晴子【季語=泉(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

生きものの影入るるたび泉哭く 

飯島晴子


晴子初期で最も有名な句として、〈泉の底に一本の匙夏了る〉がある。「匙」という日常性(食事)を、たゆたう水のイマージュのなかに閉じ込めているのに対し、掲句は「泉」そのものを、まるで生き物のようにして描いている。飯島晴子の句における神話的想像力は、この「哭く」という表現に見られるように、人間的なものを、すべて自然に明け渡してしまうようなところがある。〈さつきから夕立の端にゐるらしき〉のような淡白さとは、まるで対照的な感情の深さが、この「泉」のイマージュには、こめられている。『平日』(2001)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  2. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  3. 深追いの恋はすまじき沈丁花 芳村うつぎ【季語=沈丁花(春)】
  4. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  5. こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤…
  6. おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子【季語=おでん(冬)】…
  7. きちかうの開きて青き翅脈かな 遠藤由樹子【季語=きちかう(秋)】…
  8. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦

おすすめ記事

  1. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  2. 朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】
  3. うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳【季語=椿(春)】 
  4. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第4回】
  5. 【冬の季語】師走
  6. 【春の季語】花
  7. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  8. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月2日配信分】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第5回】月野ぽぽな

Pickup記事

  1. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  2. 【冬の季語】水洟
  3. 山頂に流星触れたのだろうか 清家由香里【季語=流星(秋)】
  4. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
  5. 【冬の季語】冬野
  6. 米国のへそのあたりの去年今年 内村恭子【季語=去年今年(冬)】
  7. 冬ざれや石それぞれの面構へ 若井新一【季語=冬ざれ(冬)】
  8. 【冬の季語】短日
  9. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨
  10. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
PAGE TOP