飯島晴子

  1. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】

    かくも濃き桜吹雪に覚えなし)飯島晴子濃密な桜吹雪の中に、過去の数々の桜吹雪の記憶がうかびあがる。そのどれもが今自分が体験している桜吹雪よりもずっと疎、ずっと穏やかで、それらを全て足し合わせても今の桜…

  2. 大風の春葱畠真直来よ 飯島晴子【季語=春葱(春)】

    大風の春葱畠真直来よ)飯島晴子『寒晴』は、一気に平易な句風…

  3. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】

    二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ)飯島晴子『八頭』は、最…

  4. 蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ 飯島晴子【季語=蜷(春)】

    蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ)飯島晴子晴子の第三句集『春…

  5. 雛まつり杉の迅さのくらやみ川 飯島晴子【季語=雛祭(春)】

    雛まつり杉の迅さのくらやみ川)飯島晴子「杉の迅さ」をどうと…

  6. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】

  7. 紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子【季語=紅梅(春)】

  8. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】

  9. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】

  10. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】

  11. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】

  12. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  2. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年12月分】
  4. 朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎【季語=朝寝(春)】
  5. 羅や人悲します恋をして鈴木真砂女【季語=羅(夏)】

Pickup記事

  1. 恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子【季語=レモン(秋)】
  2. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  3. 【冬の季語】襟巻
  4. 【秋の季語】十三夜
  5. 葛咲くや嬬恋村の字いくつ 石田波郷【季語=葛の花(秋)】
PAGE TOP