ハイクノミカタ

秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】


秋蝶のちひさき脳をつまみけり

家藤正人


夏井いつきのYoutubeチャンネルを見ると、夏井の横に座っている彼、最初はマネージャーか何かと思いきや、息子さんだった。そう言われて見直してみると、たしかに目元のあたりが似ている。

さて掲句、標本づくりに勤しむ少年時代の回想句だろうか。

チョウの体を壊さないように、慎重に展翅板に乗せ、少しずれてしまった頭部をピンセットでそっとつまみ、位置を調整する。そんな瞬間を思い浮かべた。

「ちひさき脳をつまむ」ことに関心を寄せるのは、人間の「知性」のはたらきの一種なのだろう。知性とは、いつだって残酷なもの。

それも「夏蝶」ではなく、個体数が減って、飛び方にも勢いがなくなる「秋蝶」を標本にしているのだから、なおさらのこと。

「虫めづる姫君」というのは、時代を通じて例外的な存在で、このような残酷な知性は、いくぶん性別に拠っているようにも思う。

残酷、残酷と書いているが、昆虫採集をして標本づくりをしている当人からすれば、それは無邪気なものだったはずだ。

しかしこうして句にしているところに、そうした「無邪気さ」に対する批評的な目線があるといっていい。

高精度のカメラで「ちひさき脳」がズームで映し出されるのを見ているときのような、いたたまれなさ、ヒリヒリするような感覚。

かつての山口誓子の「非情」の句にも少し通じるようなところがある句でもあると思う。

ふつうの人は蝶々にも「脳」があることなど意識しないし、そもそも知らなかったりする。ましてや、「つまむ」という場面はなかなか体験しない。

(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(夏/秋)】
  2. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】
  3. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
  4. 一年の颯と過ぎたる障子かな 下坂速穂【季語=障子(冬)】
  5. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】
  6. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】
  7. 蟷螂にコップ被せて閉じ込むる 藤田哲史【季語=蟷螂(秋)】
  8. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】

おすすめ記事

  1. 年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子【季語=年逝く(冬)】
  2. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  3. 【春の季語】春めく
  4. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】
  5. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】
  6. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第49回】 小田原と藤田湘子
  8. 雪虫のそつとくらがりそつと口笛 中嶋憲武【季語=雪虫(春)】 
  9. クローバーや後髪割る風となり 不破 博【季語=クローバー(春)】
  10. 酒醸す色とは白や米その他 中井余花朗

Pickup記事

  1. 大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子【季語=冬木(冬)】
  2. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  3. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 
  4. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  5. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】
  6. 方舟へ行く一本道の闇上野ちづこ(無季)
  7. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第44回】西村麒麟
  9. 【秋の季語】秋刀魚
  10. 【#36】ベトナムの5 dong ke(ナム・ヨン・ケー)と出会った時の話
PAGE TOP