ハイクノミカタ

馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】


馬鈴薯の一生分が土の上 

西村麒麟 


じゃがいも畑に「一生分」の、いやおそらく一生かけても食べられないほどのじゃがいもが植わっている。

もしそれが全部貰えるなら、とりあえず食うのには困らない。そして本当に欲しいと思っていそうなところが、この作者の持ち味である。

フランスに住んでいると、よく(じゃが)芋が出てくるなあ、と思う。米の代わりに芋が出てくる感じなのだが、パンも出てくるから、あきらかに炭水化物過剰摂取だ。

ステーキを頼めば横にはもれなくフリット。鴨肉などの場合は、にんにくを効かせたソテーか、揚げ焼きしたやつ。いちばん安上がりのグラタンは、じゃがいもに牛乳かクリームをかけて塩胡椒しただけの、ドフィノワ。まあ、いちばん手のかからないのはそのままオーブン焼きで、塩胡椒かバターで食べる。

冷凍食品コーナーの1/3はスイーツ、1/3はピザ、残りの1/3はじゃがいもである。

フランス人の「一生分」は、おそらく日本人の「一生分」の5倍、いや10倍くらいかもしれない。

フランスに移り住んでよく作るようになったのは、アリゴである。これも超簡単料理で、じゃがいものピュレに、チーズを混ぜただけのもの。トルコアイスのように、びよーんと伸びる。これが旨く、ついつい食べてしまう。腹にたまる感じもある。

日本だと、「じゃがいも」と言っても知られているのは男爵か、メークインか、あるいはインカの目覚めくらいだが、じゃがいも文化のヨーロッパでは、本当にいろいろな種類があり、おお、このじゃがいも旨いなあ、と思うことがしばしばある。

日本には雨の種類が300以上あると言われているけれど、きっとフランスには芋の種類がそのくらいあるんじゃなかろうか。

とはいえ、フランス人に教えてあげたいじゃがいも料理もある。それは、ポテトコロッケだ。

ミラノ風カツレツ(エスカロップ)は食べるくせに、そしてじゃがいもはマッシュするくせに、コロッケにはしない。

なぞである。

いろいろ種類があるのだから、努力次第では、コロッケの新境地をひらけると思うのだが。ビジネスチャンスですよ、これは。

コロッケだけではなく、メンチカツとかハムカツとかもフランスで見かけないのは、おそらくソースのせいだ。

醤油と同様に、ソースは「ワイン」には合わないからである。じゃあ、ビールバーで出せばいいじゃん、と思われるかもしれないが、ビールバーはそんなに料理を置いていないのである。基本的には火を使わない。サラミか缶詰だけの店もある。

そんなことを考えていたら、無性にポテトコロッケが食べたくなってきた。

一生分のポテトの量は、人それぞれだろうが、じゃがいもの世界は奥深いのである。

角川「俳句」2020年10月号より。

(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  2. 雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津【季語=雪掻(冬)】
  3. 結婚は夢の続きやひな祭り 夏目雅子【季語=雛祭(春)】
  4. 凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎【季語=凍る(冬)】
  5. バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子【季語=バレンタイン…
  6. 花言葉なき一生を水中花 杉阪大和【季語=水中花(夏)】
  7. 柊を幸多かれと飾りけり 夏目漱石【季語=クリスマス(冬)】
  8. 秋天に雲一つなき仮病の日 澤田和弥【季語=秋天(秋)】

おすすめ記事

  1. 日の遊び風の遊べる花の中 後藤比奈夫【季語=花(春)】
  2. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【9】/小田島渚(「銀漢」「小熊座」同人)
  4. 【秋の季語】朝顔
  5. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【前編】
  6. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  7. 生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】
  8. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦
  9. 女房の化粧の音に秋澄めり 戸松九里【季語=秋澄む(秋)】
  10. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】

Pickup記事

  1. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】
  3. 【冬の季語】鬼やらい
  4. 春の雁うすうす果てし旅の恋 小林康治【季語=春の雁(春)】
  5. 妻となる人五月の波に近づきぬ 田島健一【季語=五月(夏)】
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」お米のサラダ
  7. 【秋の季語】銀漢
  8. コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
  9. 【春の季語】四月
  10. 【夏の季語】草いきれ
PAGE TOP