ハイクノミカタ小山玄紀

  1. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】

    かくも濃き桜吹雪に覚えなし)飯島晴子濃密な桜吹雪の中に、過去の数々の桜吹雪の記憶がうかびあがる。そのどれもが今自分が体験している桜吹雪よりもずっと疎、ずっと穏やかで、それらを全て足し合わせても今の桜…

  2. 大風の春葱畠真直来よ 飯島晴子【季語=春葱(春)】

    大風の春葱畠真直来よ)飯島晴子『寒晴』は、一気に平易な句風…

  3. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】

    二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ)飯島晴子『八頭』は、最…

  4. 蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ 飯島晴子【季語=蜷(春)】

    蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ)飯島晴子晴子の第三句集『春…

  5. 雛まつり杉の迅さのくらやみ川 飯島晴子【季語=雛祭(春)】

    雛まつり杉の迅さのくらやみ川)飯島晴子「杉の迅さ」をどうと…

  6. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】

  7. 紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子【季語=紅梅(春)】

  8. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】

  9. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】

  10. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】

  11. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】

  12. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】

おすすめ記事

  1. 新婚のすべて未知数メロン切る 品川鈴子【季語=メロン(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第3回】青柳飛
  4. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】
  5. 松風や俎に置く落霜紅 森澄雄【季語=落霜紅(秋)】

Pickup記事

  1. 原爆忌誰もあやまつてはくれず 仙田洋子【季語=原爆忌(秋)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月1日配信分】
  3. 【新年の季語】成人の日
  4. 而して蕃茄の酸味口にあり 嶋田青峰【季語=トマト(夏)】
  5. さまざまの事おもひ出す桜かな 松尾芭蕉【季語=桜(春)】
PAGE TOP