「泉」

  1. 冬の水突つつく指を映しけり 千葉皓史【季語=冬の水(冬)】

    冬の水突つつく指を映しけり千葉皓史 先に待ち合わせ場所に来ている友人の背後から「わっ!」と言ってびっくりさせようとそっと近づく。しかしその姿はガラス戸にすべて映っていてバレていた。今回とりあげた句か…

  2. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】

    片足はみづうみに立ち秋の人藤本夕衣私は俳句のほかに合唱もや…

  3. 鵙の朝肋あはれにかき抱く 石田波郷【季語=鵙(秋)】

    鵙の朝肋あはれにかき抱く石田波郷お元気ですか?今年…

  4. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】

    起座し得て爽涼の風背を渡る肥田埜勝美毎年のことですが、立秋…

  5. 昼顔もパンタグラフも閉ぢにけり 伊藤麻美【季語=昼顔(夏)】

    昼顔もパンタグラフも閉ぢにけり伊藤麻美 ある人からのメッセ…

  6. 大揺れのもののおもてを蟻の道 千葉皓史【季語=蟻(夏)】

  7. 春の雁うすうす果てし旅の恋 小林康治【季語=春の雁(春)】

  8. 底紅や黙つてあがる母の家 千葉皓史【季語=底紅(秋)】

  9. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】

  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第93回】井上弘美

  11. 暖房や絵本の熊は家に住み 川島葵【季語=暖房(冬)】

おすすめ記事

  1. 飯蛸に昼の花火がぽんぽんと 大野朱香【季語=飯蛸(春)】
  2. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】
  3. 【秋の季語】秋気
  4. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】
  5. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)】

Pickup記事

  1. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  2. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】
  3. くれなゐの花には季なし枕もと 石川淳【無季】
  4. 【春の季語】海市
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【12】/飛鳥蘭(「銀漢」同人)
PAGE TOP