こと

  1. 土のこと水のこと聞き苗を買ふ 渡部有紀子【季語=苗を買ふ(春)】

    土のこと水のこと聞き苗を買ふ渡部有紀子新入社員へのレクチャー。自分としては聞き手に専門知識がないことを想定して組み立てるが、それでも「この前提を話しておかなければならなかったか!」ということになるの…

  2. なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子【季語=復活祭(春)】

    なにがなし善きこと言はな復活祭野澤節子季語【復活祭】イ…

  3. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  

    牡丹ていっくに蕪村ずること二三片)(加藤郁乎『牧歌メロン』1970年…

  4. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】

    針供養といふことをしてそと遊ぶ後藤夜半 外出するときにその…

  5. 雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子【季語=雪折(冬)】 

    雪折を振り返ることしかできず)(瀬間陽子昨日は東京にも雪が…

  6. きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子【季語=ハンカチ(夏)】

  7. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井

  8. 白魚のさかなたること略しけり 中原道夫【季語=白魚(春)】

  9. 龍の玉深く蔵すといふことを 高浜虚子【季語=龍の玉(新年)】

  10. 馴染むとは好きになること味噌雑煮 西村和子【季語=雑煮(新年)】

  11. 水遊とはだんだんに濡れること 後藤比奈夫【季語=水遊(夏)】

  12. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】

おすすめ記事

  1. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】
  2. 未婚一生洗ひし足袋の合掌す 寺田京子【季語=足袋(冬)】
  3. わが畑もおそろかならず麦は穂に 篠田悌二郎【季語=麦の穂(夏)】
  4. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#02】猫を撮り始めたことについて
  5. 日まはりは鬼の顔して並びゐる 星野麦人【季語=向日葵(夏)】

Pickup記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(10)/小津夜景さん
  2. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  3. 引越の最後に子猫仕舞ひけり 未来羽【季語=子猫(春)】
  4. 誰をおもひかくもやさしき雛の眉 加藤三七子【季語=雛(春)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第63回】 摂津と桂信子
PAGE TOP