みな

  1. 春菊や料理教室みな男 仲谷あきら【季語=春菊(春)】

    春菊や料理教室みな男仲谷あきら季語【春菊】食材として鍋やおひたしに使われる。「これ。」と言って妻が一枚の紙を差し出した。その日は私の、43年間にわたる会社勤めの最後の日だった。送別会…

  2. 一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子【季語=雲の峰(夏)】 

    一瞬にしてみな遺品雲の峰)(櫂未知子(第三句集『カムイ』より)…

  3. 月かげにみな美しき庭のもの 稲畑汀子【季語=月影(秋)】

    月かげにみな美しき庭のもの稲畑汀子 9月最後の金曜日である…

  4. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】

    風光りすなはちもののみな光る鷹羽狩行 先週末、快晴のもと「…

  5. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】

    誰もみなコーヒーが好き花曇星野立子(「春雷」)人間の嗜好に…

  6. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】

  7. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】

  8. みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何【季語=聖樹(冬)】

  9. 品川はみな鳥のような人たち 小野裕三

  10. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】

  11. 天体のみなしづかなる草いきれ 生駒大祐【季語=草いきれ(夏)】

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】田遊
  2. ハイシノミカタ【#4】「100年俳句計画」(キム・チャンヒ編集長)
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第78回】脇本浩子
  4. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  5. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 グジェール

Pickup記事

  1. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  2. コスモスや泣きたくなつたので笑ふ 吉田林檎【季語=コスモス(秋)】
  3. 【冬の季語】小六月
  4. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
  5. 絵葉書の消印は流氷の町 大串章【季語=流氷(春)】
PAGE TOP