後藤比奈夫

  1. 水遊とはだんだんに濡れること 後藤比奈夫【季語=水遊(夏)】

    水遊とはだんだんに濡れること後藤比奈夫閃きをさっと書き留めたような、一句が素早くものされたような、そういう洒脱な印象を受ける。それはこの句の、割に"散文的"な書かれ方の印象に、言い換えれば"韻文性"…

  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ

    モワルー・オ・ショコラMoelleux au chocolat…

  3. 鶴の来るために大空あけて待つ 後藤比奈夫【季語=鶴来る(秋)】

    鶴の来るために大空あけて待つ)後藤比奈夫10月2日、土曜日…

  4. えりんぎはえりんぎ松茸は松茸 後藤比奈夫【季語=松茸(秋)】

    えりんぎはえりんぎ松茸は松茸後藤比奈夫ごとう・ひなおまさとし))…

  5. フラミンゴ同士暑がつてはをらず 後藤比奈夫【季語=暑し(夏)】

    フラミンゴ同士暑がつてはをらず後藤比奈夫)命に関わる雨が降…

  6. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】

  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」ルバーブ

  8. 日の遊び風の遊べる花の中 後藤比奈夫【季語=花(春)】

  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月12日配信分】

  10. 節分の鬼に金棒てふ菓子も 後藤比奈夫【季語=節分(冬)】

  11. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP