1. 冬の水突つつく指を映しけり 千葉皓史【季語=冬の水(冬)】

    冬の水突つつく指を映しけり千葉皓史 先に待ち合わせ場所に来ている友人の背後から「わっ!」と言ってびっくりさせようとそっと近づく。しかしその姿はガラス戸にすべて映っていてバレていた。今回とりあげた句か…

  2. さよならと梅雨の車窓に指で書く 長谷川素逝【季語=梅雨(夏)】

    さよならと梅雨の車窓に指で書く長谷川素逝(『三十三才』『定本素逝集』)…

  3. 卓に組む十指もの言ふ夜の秋 岡本眸【季語=夜の秋(夏)】

    卓に組む十指もの言ふ夜の秋)岡本眸 刑事コロンボが犯人にボ…

  4. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】

    人妻ぞいそぎんちやくに指入れて小澤實(『瞬間』) 磯の花と…

  5. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】

    春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ河野多希女(『琴恋』) 春の雪…

  6. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】

  7. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】

  8. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】

おすすめ記事

  1. シゴハイ【第3回】脇本浩子(イタリア食文化文筆・翻訳家)
  2. 年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子【季語=年逝く(冬)】
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【6】/宇志やまと(「銀漢」同人)
  4. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  5. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】

Pickup記事

  1. 虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会 飴山實【季語=初句会(新年)】
  2. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】
  3. 【秋の季語】秋分
  4. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【6】服部崇
PAGE TOP