田中裕明

  1. 目のなかに芒原あり森賀まり 田中裕明【季語=芒(秋)】

    目のなかに芒原あり森賀まり田中裕明(『夜の客人』) 作者の田中裕明は早世の天才である。17歳の頃より短詩を始め、18歳の時、同じく若き天才である島田牙城に誘われ波多野爽波主宰の「青」に入会。大学時代…

  2. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】

    くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり田中裕明夏越の祓は、陰暦六月…

  3. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】

    鶯や米原の町濡れやすく)加藤喜代子(「霜天」))米原は主要…

  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】

    ◆1983年生まれの俳人・西村麒麟くんと、セクト・ポクリット管理人・堀切のポッドキャスト番…

  5. ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸

    ここまでは来たよとモアイ置いていく大川博幸誰が置いていった…

  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第10回】水無瀬と田中裕明

  7. 好きな繪の賣れずにあれば草紅葉 田中裕明【季語=草紅葉(秋)】

  8. 渚にて金澤のこと菊のこと 田中裕明

  9. 食欲の戻りてきたる子規忌かな 田中裕明【季語=子規忌(秋)】

  10. 悉く全集にあり衣被 田中裕明【季語=衣被(秋)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP