立冬

  1. 【冬の季語】冬

    【冬の季語=三冬(1月)】冬「立冬」を過ぎて、だんだんと日も短くなり、気温も低くなっていく季節。秋の「夜長」に対して「日短」という季語がある。木々や草木は「枯れ」ていく。地域によっては「雪」…

  2. 【秋の季語】立秋

    【秋の季語=初秋(8月)】立秋太陽の視黄経が135°になるときであり、新暦…

  3. 【冬の季語】冬に入る

    【冬の季語=初冬(11月)】冬に入る【ミニ解説】太陽暦の11月8日ごろ、冬…

  4. 【冬の季語】短日

    【冬の季語=初冬〜仲冬(11〜12月)】短日「冬至」に向かっていくころ、い…

  5. 【秋の季語】秋分

    【秋の季語=仲秋(9月)】秋分秋の半ばと書くとおり、「立秋」と「立冬」のち…

  6. 【冬の季語】今朝の冬

  7. 【冬の季語】冬立つ

  8. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)

  9. 【冬の季語】立冬

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第28回】草津と村越化石
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年6月分】
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【20】/片山辰巳
  4. 【新連載】新しい短歌をさがして【1】服部崇
  5. どこからが恋どこまでが冬の空 黛まどか【季語=冬の空(冬)】

Pickup記事

  1. 【書評】吉田林檎『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)
  2. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】
  3. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第7回
  4. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  5. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】
PAGE TOP