節句

  1. 【春の季語】雛祭

    【春の季語=仲春(3月)】雛祭(雛まつり)3月3日の節句(上巳の節句、桃の節句)に行われる年中行事である。江戸時代までは和暦(太陰太陽暦)の3月3日(現在の4月頃)、つまり「桃の花」が咲くころに行われていた…

  2. 【春の季語】雛あられ

    【春の季語=仲春(3月)】雛あられ「雛祭」で食べるあられ。由来は、…

  3. 【新年の季語】七種(七草)【節句】

    【新年の季語(1月)】七種(七草)【節句】近年は「春の七種」の省略形として…

  4. 【新年の季語】七種(七草)

    【新年の季語(1月)】七種(七草)「七種」は、もともとは正月7日の節句のこ…

  5. 【新年の季語】七種粥(七草粥)

    【新年の季語(1月)】七種粥(七草粥)もともとは正月7日の節句である「人日…

  6. 【春の季語】浜下り

  7. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】

  8. 【新年の季語】春七種(春七草)

  9. 【新年の季語】春の七種(七草)

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第29回】横浜と大野林火
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
  3. 【冬の季語】愛日
  4. 【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー
  5. 卒業す片恋少女鮮烈に 加藤楸邨【季語=卒業(春)】

Pickup記事

  1. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想
  2. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将
  4. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
  5. 春雷の一喝父の忌なりけり 太田壽子【季語=春雷(春)】
PAGE TOP