西東三鬼

  1. 中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼【季語=桃(秋)】

    中年や遠くみのれる夜の桃西東三鬼(『夜の桃』) 10代、20代の頃は時間の流れが遅く感じたものである。いつからか、あんなに長く感じられた1年間があっという間に過ぎるようになった。20代の時間は貴重で…

  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第59回】 宇都宮と平畑静塔

    【第59回】宇都宮と平畑静塔広渡敬雄(「沖」「塔の会」)栃…

  3. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】

    枯蓮のうごく時きてみなうごく西東三鬼次は三鬼による枯蓮の句…

  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#16

    【連載】もしあの俳人が歌人だったらSession#16管理人引っ越しのため…

  5. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】

    すばらしい乳房だ蚊が居る尾崎放哉(『増補決定版尾崎放哉全句集』春秋社)…

  6. 寒木が枝打ち鳴らす犬の恋 西東三鬼【季語=寒木(冬)】

  7. GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ 関悦史

  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第25回】沖縄・宮古島と篠原鳳作

  9. 産みたての卵や一つ大新緑 橋本夢道【季語=新緑(夏)】

  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼

  11. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】

  12. 杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼【季語=枯野(冬)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  2. 【冬の季語】冬銀河
  3. 折々己れにおどろく噴水時の中 中村草田男【季語=噴水(夏)】
  4. 眼前にある花の句とその花と 田中裕明【季語=花(春)】 
  5. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】

Pickup記事

  1. 【書評】三島広志 第1句集『天職』(角川書店、2020年)
  2. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】
  3. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 
  4. 狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子【季語=狐火(冬)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−3】 広島と西東三鬼
PAGE TOP