ハイクノミカタ

いつせいに振り向かれたり曼珠沙華 柏柳明子【季語=曼珠沙華(秋)】


いつせいに振り向かれたり曼珠沙華

柏柳明子 


いっせいに振り向かれるのは、たとえば会議室や教室に遅刻して入ったときなど。見ているほうはそう思っていなくても、見られたほうは視線が刺さるように感じて、いたたまれなくなる。そのときと似たような「いたたまれなさ」を、整然と並んで咲く真っ赤な曼珠沙華のたたずまいに、作者は感じとった。「いつせいに」という出だしで勢いをつけたところが技巧で、読み手は「たくさんの曼珠沙華にじろりと睨まれている」とまあ、そんな光景をイメージせざるをえないから、いたたまれない。悪いことをしていないかどうか、ご先祖様が見守っているよ、などと言葉で言われるよりも、黙って赫赫と咲き続けている彼岸花のほうが、よほど身にしみる。ミシェル・フーコーが「パノプティコン」を通じて語った権力の内面化が、こんなところにもひそんでいる。『柔き棘』(2020)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 対岸や壁のごとくに虫の闇 抜井諒一【季語=虫(秋)】
  2. 橇にゐる母のざらざらしてきたる 宮本佳世乃【季語=橇(…
  3. あかさたなはまやらわをん梅ひらく 西原天気【季語=梅(春)】
  4. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】
  5. いちじくはジャムにあなたは元カレに 塩見恵介【季語=いちじく(秋…
  6. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】
  7. 尺蠖の己れの宙を疑はず 飯島晴子【季語=尺蠖(夏)】
  8. 春満月そは大いなる糖衣錠 金子敦【季語=春満月(春)】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】花八手
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月18日配信分】
  3. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【11】服部崇
  5. 【#37】『愛媛 文学の面影』三部作受賞と愛媛新聞の高橋正剛さん
  6. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】
  7. 生きものの影入るるたび泉哭く 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  8. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
  9. 【春の季語】野に遊ぶ
  10. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】

Pickup記事

  1. カンバスの余白八月十五日 神野紗希【季語=終戦記念日(秋)】
  2. 【冬の季語】冬林檎
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第89回】広渡詩乃
  4. 一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子【季語=雲の峰(夏)】 
  5. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】
  6. ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行【季語=渡り鳥(秋)】
  7. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】
  8. 【秋の季語】立秋
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  10. 【冬の季語】咳
PAGE TOP