ハイクノミカタ

いつせいに振り向かれたり曼珠沙華 柏柳明子【季語=曼珠沙華(秋)】


いつせいに振り向かれたり曼珠沙華

柏柳明子 


いっせいに振り向かれるのは、たとえば会議室や教室に遅刻して入ったときなど。見ているほうはそう思っていなくても、見られたほうは視線が刺さるように感じて、いたたまれなくなる。そのときと似たような「いたたまれなさ」を、整然と並んで咲く真っ赤な曼珠沙華のたたずまいに、作者は感じとった。「いつせいに」という出だしで勢いをつけたところが技巧で、読み手は「たくさんの曼珠沙華にじろりと睨まれている」とまあ、そんな光景をイメージせざるをえないから、いたたまれない。悪いことをしていないかどうか、ご先祖様が見守っているよ、などと言葉で言われるよりも、黙って赫赫と咲き続けている彼岸花のほうが、よほど身にしみる。ミシェル・フーコーが「パノプティコン」を通じて語った権力の内面化が、こんなところにもひそんでいる。『柔き棘』(2020)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)…
  2. 草田男やよもだ志向もところてん 村上護【季語=ところてん(夏)】…
  3. 厨房に貝があるくよ雛祭 秋元不死男【季語=雛祭(春)】
  4. 性あらき郡上の鮎を釣り上げて 飴山實【季語=鮎(夏)】
  5. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  6. 夢に夢見て蒲団の外に出す腕よ 桑原三郎【季語=蒲団(冬)】
  7. 大揺れのもののおもてを蟻の道 千葉皓史【季語=蟻(夏)】
  8. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】毛糸編む
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(15)/茅根知子さん
  3. 【冬の季語】人参
  4. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第5回】
  5. 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】
  6. 乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子【季語=乾草(夏)】
  7. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年10月分】
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年6月分】
  10. 【夏の季語】百合

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#5
  2. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】
  3. 秋草の揺れの移れる体かな 涼野海音【季語=秋草(秋)】
  4. 【春の季語】旧正月
  5. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  6. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  7. 鬼灯市雷門で落合うて 田中松陽子【季語=鬼灯市(夏)】
  8. 秋鰺の青流すほど水をかけ 長谷川秋子【季語=秋鰺 (秋)】
  9. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】
  10. 頭を垂れて汗の男ら堂に満つ 高山れおな【季語=汗(夏)】
PAGE TOP