ソーダ水方程式を濡らしけり 小川軽舟【季語=ソーダ水(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ソーダ水方程式を濡らしけり  

小川軽舟 

俳句は省略だとよくいわれるが、実は俳句は「比喩」でもある。この句でいうと、「方程式」が書かれた紙(ノートでも問題集でもいい)の「紙」が省略されたことで、方程式そのものがソーダ水で濡れてしまったように錯覚させるところが、俳句である。「方程式」はロジックの一種であるから、本当は「濡れる」ことはないのだが、しかし濡れてふやふやになった数式は、どこかたよりなく、代数的論理の絶対性のようなものまで、ふやかしてしまっているようだ。「ソーダ水」だから、きっと息子に勉強を教えている光景。おいおい何やってんだ、という作者の気持ちが浮かぶ一方で、そのように息子に勉強を教える機会自体が、炭酸水のようにはかなく、父親として愛しんでいるようにも思えてくる。『近所』(2001)より。(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る