ハイクノミカタ

ソーダ水方程式を濡らしけり 小川軽舟【季語=ソーダ水(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

ソーダ水方程式を濡らしけり 

小川軽舟


俳句は省略だとよくいわれるが、実は俳句は「比喩」でもある。この句でいうと、「方程式」が書かれた紙(ノートでも問題集でもいい)の「紙」が省略されたことで、方程式そのものがソーダ水で濡れてしまったように錯覚させるところが、ミソである。

現実には、「方程式」はロジックの一種であるから、本当は「濡らす」ことはできない。しかし、濡れてふやふやになった数式は、どこかたよりなく、代数的論理の絶対性のようなものまで、足場を失っているようだ。

「ソーダ水」だから、息子に勉強を教えている光景かもしれない。こぼしたのも息子だとするなら、おいおい何やってんだ、という作者(父親)の気持ちが浮かぶ一方で、そのように息子に勉強を教える機会自体が、炭酸水のようにはかなく、父親として愛しんでいるようにも思えてくる。

『近所』(2001)より。(堀切克洋)


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】
  2. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】
  3. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】
  4. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子
  5. 生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】
  6. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
  7. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】
  8. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP