ハイクノミカタ

ペスト黒死病コレラは虎列刺コロナは何と 宇多喜代子【季語=コレラ(夏)】


ペスト黒死病コレラは虎列刺コロナは何と 

宇多喜代子


ヨーロッパ中世を混乱に陥れたペストは、感染者の皮膚が内出血によって紫黒色になることから「黒死病」と呼ばれる。

20世紀初頭には、日本でも感染が広がったが、1899年から1926年までに確認された感染者は2,905名、死亡例2,420名。

一方のコレラは、明治期にたびたび流行が起こり、戦後の復員兵や引揚者からの拡大も社会問題となった。

夏井いつきの『絶滅寸前季語辞典』にも出てくる虚子の〈コレラ船いつまで沖に繋かり居る〉の心情が、ダイヤモンドプリンセス号によって、ふたたび理解できるものになったのも皮肉なこと。

作者は、コロナが漢字表記されることがないことを知りつつ、もし漢字で書くなら、どんな物々しい字を当てることになろうかと問う。

「殺莫」「孤路亡」「故盧無」…うーん、どれもいまひとつ。角川「俳句」2020年8月号より。

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】
  2. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)…
  3. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(…
  4. 七夕のあしたの町にちる色帋   麻田椎花【季語=七夕(秋)】
  5. うららかや空より青き流れあり 阿部みどり女【季語=うららか(春)…
  6. 肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】
  7. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】
  8. 彫り了へし墓抱き起す猫柳 久保田哲子【季語=猫柳(春)】

おすすめ記事

  1. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回
  2. 海底に足跡のあるいい天気 『誹風柳多留』
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のクスクス
  4. 【#33】台北市の迪化街
  5. 夏場所や新弟子ひとりハワイより 大島民郎【季語=夏場所(夏)】
  6. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】
  7. 【冬の季語】数え日
  8. 【第24回】新しい短歌をさがして/服部崇
  9. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】
  10. 水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】春の夢
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(12)/高山れおなさん
  3. をどり字のごとく連れ立ち俳の秋 井口時男【季語=秋(秋)】
  4. 【春の季語】鳥曇
  5. 【春の季語】うららか
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年3月分】
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【15】/上野犀行(「田」)
  8. 【新年の季語】歌留多会
  9. 渡り鳥はるかなるとき光りけり 川口重美【季語=渡り鳥(秋)】
  10. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子
PAGE TOP