ハイクノミカタ

新涼やむなしく光る貝釦 片山由美子【季語=新涼(秋)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

新涼やむなしく光る貝釦

片山由美子


8月も今日でおしまい。

本当であれば、この夏は東京オリンピックに浮かれ騒ぐ夏になるはずだった。その「経済効果」を期待して、旅行・観光業ではたらく人たちは、準備をしていたはずだった。

政府はそれを少しでも取り繕おうと、「GO TO」キャンペーンを、人々の生活の安定を図るよりも先に持ち出していた。批判的な議員が、「強盗(ごうとう)じゃないか」と言っていたのは、上手いなと思った。

新型コロナウイルスの感染拡大を気にしながら、不用不急の外出は控えて、計画通りの夏休みを過ごせなかった人も多いはず。

掲句は、必ずしもパンデミックを背景にしていると考えなくてもよいが、現況に照らしていうなら、どこか海の見える街へと夏の旅行を予定していたものの、結局はそれも叶わぬまま、暑さも落ち着いてきてしまった、と読める。

高級ブラウスによくほどこされている「貝釦」は、マダムが作る俳句に頻出のワードではあるものの、「むなしく光る」というのは、いままでに詠まれてこなかった側面かもしれない。

あたかも貝が、海を見られなかったことを悲しみ、嘆いているかのようだ。

「新涼」に対するアンヴィヴァレントな感情もさらりと読み込まれていて、感染に怯えるなかで詠まれた句としては、記憶に残る句であるだろう。

角川「俳句」9月号より引いた。

(堀切克洋)


🍀 🍀 🍀 季語「今日の月」については、「セポクリ歳時記」もご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】
  2. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  3. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】
  4. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬…
  5. Tシャツの干し方愛の終わらせ方 神野紗希【季語=Tシャツ(夏)】…
  6. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】
  7. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】
  8. やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古【季語=蝸牛(夏)…

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP