ハイクノミカタ

蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】


蓑虫の揺れる父性のやうな風

小泉瀬衣子


高濱虚子の有名句に〈蓑虫の父よと鳴きて母もなし〉がある。

もちろん、これには前段があって、蓑虫は「鬼の子」であり、「風の音を聞き知りて、八月ばかりになれば、『ちちよ、ちちよ』と、はかなげに鳴く、いみじうあはれなり」と書いた清少納言のテクストが、下敷きになっている。

そういう意味では、この句は季題の王道をいっているわけだが、しかし時代によって「父」のイメージは変わる。

この喩えから、理不尽なほどに強い風を思う人もあれば、それほど主張のないなかでふと強く吹くのような秋風を思う人もいるだろう。

それは、読み手の「父」のイメージに拠っている。ちなみに作者の「父」は、「港」主宰・大牧広氏。

飄々としたユーモアが持ち味の作家であり、写真で拝見する限りは、温厚そうなイメージの方である。

氏は、句集『朝の森』により第53回蛇笏賞を受賞したが、授賞式の前、昨年4月20日に亡くなった。そして今年、小泉氏は仲寒蟬らとともに「牧」を立ち上げた。掲句は、「港」2019年1月号より。

「父性のような風」に揺られている蓑虫を見るとき、それを見ている作者は、その蓑虫に自分を重ねている。

風がおさまるのを待ちながらも、ミノの中から、ちょっとだけ様子をうかがっている。そんな茶目っ気も感じられる一句だ。

(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 厨房に貝があるくよ雛祭 秋元不死男【季語=雛祭(春)】
  2. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  3. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  4. 馬小屋に馬の表札神無月 宮本郁江【季語=神無月(冬)】
  5. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
  6. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】
  7. 引越の最後に子猫仕舞ひけり 未来羽【季語=子猫(春)】
  8. 神は死んだプールの底の白い線  高柳克弘【季語=プール(夏)】

おすすめ記事

  1. ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行【季語=渡り鳥(秋)】
  2. 怒濤聞くかたはら秋の蠅叩 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  3. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第8回】
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第2回】
  7. 【#39】炎暑の猫たち
  8. 深追いの恋はすまじき沈丁花 芳村うつぎ【季語=沈丁花(春)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月16日配信分】
  10. ふところに四万六千日の風 深見けん二【季語=四万六千日(夏)】

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月10日配信分】
  2. はやり風邪下着上着と骨で立つ 村井和一【季語=流行風邪(冬)】
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
  4. 【秋の季語】渡り鳥
  5. 早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女【季語=早春(春)】
  6. 【春の季語】椿寿忌
  7. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】
  8. 【冬の季語】蓮根掘
  9. 【冬の季語】ストーブ
  10. 【夏の季語】麦茶/麦湯
PAGE TOP