「天狼」

  1. 麗しき春の七曜またはじまる 山口誓子【季語=春(春)】

    麗しき春の七曜またはじまる山口誓子堀切さんよりこのページのお話をいただいた時、好きな曜日を選ばせて貰えるとのことだったので、ちょっと考えて水曜日にしていただいた。なぜだか「水」に近寄りたくな…

  2. 流氷や宗谷の門波荒れやまず 山口誓子【季語=流氷(春)】

    流氷や宗谷の門波荒れやまず山口誓子今週、北海道・根室へ出張…

  3. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 

    唐太の天ぞ垂れたり鰊群来)(山口誓子山口誓子の第一句集『凍…

  4. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】

    クリスマス「君と結婚していたら」堀井春一郎(『堀井春一郎全句集 曳白』)…

  5. いつせいに柱の燃ゆる都かな 三橋敏雄

    いつせいに柱の燃ゆる都かな三橋敏雄 12月最初のハイクノミ…

  6. めちやくちやなどぜうの浮沈台風くる 秋元不死男【季語=台風(秋)】

  7. 紫陽花剪るなほ美しきものあらば剪る 津田清子【季語=紫陽花(夏)】

  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第59回】 宇都宮と平畑静塔

  9. デパートの旗ひらひらと火事の雲 横山白虹【季語=火事(冬)】

  10. 凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子【季語=凍つ(冬)】

  11. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】

  12. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第23回】松代展枝
  2. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】
  3. 【秋の季語】松茸
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
  5. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第129回】朝妻力【最終回】
  2. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】
  3. 鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女【季語=時雨(冬)】
  4. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】
  5. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】
PAGE TOP