「澤」

  1. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】

    足指に押さへ編む籠夏炉の辺余村光世さいきん気候が良くなってきてめちゃめちゃ嬉しい。お日様も出ているから、調子に乗って薄着になっている。でも実際のところ気温はまだそれほど上がっていないし、アパートの床…

  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】

    セクト・ポクリットでは2021年1月より、「コンゲツノハイク」をはじめました。前月…

  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年4月分】

    セクト・ポクリットでは2021年1月より、「コンゲツノハイク」をはじめました。前月…

  4. 退帆のディンギー跳ねぬ春の虹 根岸哲也【季語=春の虹(春)】

    退帆のディンギー跳ねぬ春の虹根岸哲也いつだったか、バスに乗…

  5. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春)】

    タワーマンションのロック四重や鳥雲に鶴見澄子だいたいの服に…

  6. 蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に 林雅樹【季語=蝌蚪(春)】

  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年3月分】

  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年2月分】

  9. 【新企画】コンゲツノハイク(2021年1月)

  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太

おすすめ記事

  1. みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな 筑紫磐井【季語=滝(夏)】
  2. 【夏の季語】涼しさ
  3. 【秋の季語】新涼/涼新た 秋涼し
  4. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】
  5. 【書評】中西夕紀 第4句集『くれなゐ』(本阿弥書店、2020年)

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第68回】堀田季何
  2. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】
  3. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】
  4. 【夏の季語】紫陽花
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
PAGE TOP