「秋草」

  1. 赤福の餡べつとりと山雪解 波多野爽波【季語=雪解(春)】 

    赤福の餡べつとりと山雪解)波多野爽波『骰子』けっこうな甘党なので赤福が大好きです。健康なうちにできるだけ甘いものを食べたい。このまえ勇気を出して一人でスイパラ(スイーツのメニューが豊富なバイキングの…

  2. 桜貝長き翼の海の星 波多野爽波【季語=桜貝(春)】 

    桜貝長き翼の海の星)波多野爽波『湯呑』海の上に浮かぶ星の、…

  3. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 

    カードキー旅寝の春の灯をともす)トオイダイスケ『天の川銀河発電所』…

  4. 大根の花まで飛んでありし下駄 波多野爽波【季語=大根の花(春)】 

    大根の花まで飛んでありし下駄)波多野爽波『骰子』見たままを…

  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年3月分】

    毎月が俳句年鑑! というわけで、前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(…

  6. 砂浜の無数の笑窪鳥交る 鍵和田秞子【季語=鳥交る(春)】 

  7. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 

  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年2月分】

  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年1月分】

  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】

  11. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】

  12. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年11月分】

おすすめ記事

  1. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第35回】松川洋酔
  3. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第4回】
  4. 【本の紹介】仏の道は句に通ず──山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)
  5. 寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ 小路智壽子【季語=ポインセチア(冬)】

Pickup記事

  1. パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子【季語=薄暑(夏)】
  2. 【毎日更新中!】ハイクノミカタ
  3. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)
  4. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】
  5. 【春の季語】春泥
PAGE TOP