1. 雪が降る千人針をご存じか 堀之内千代【季語=雪(冬)】

    雪が降る千人針をご存じか)堀之内千代『堀之内千代句集 百歳の計』2015年6月堀之内千代さんは私が所属している「野火」同人。1924年(大正13年)2月生まれ、87歳で俳句を始め、91歳で句集を上梓…

  2. 泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ【季語=白鳥・雪(冬)】

    泣きながら白鳥打てば雪がふる)松下カロ(『白鳥句集』深夜叢書社 2016年…

  3. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】

    「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で楠本憲吉『楠本憲吉集』…

  4. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆

    つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ 先に時が満ちてて岡井隆…

  5. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】

    ある年の子規忌の雨に虚子が立つ岸本尚毅虚子の心中を慮る句で…

  6. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】

  7. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】

  8. ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史

  9. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞

  10. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)

  11. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】

  12. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP