たる

  1. ラベンダー添へたる妻の置手紙 内堀いっぽ【季語=ラベンダー(夏)】

    ラベンダー添へたる妻の置手紙内堀いっぽ妻のことがわからない。何を考えているのか、どんな風に感じているのか。満ち足りているのか、何かが足りないと思っているのか。いまは幸せなのか、僕のことを、どう思って…

  2. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】

    手袋に切符一人に戻りたる浅川芳直人は一人で生まれ、一人で死…

  3. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】

    恋にしてわざと敗けたるかるた哉羅蘇山人(『蘇山人俳句集』)…

  4. おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思【季語=夕立(夏)】

    おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな櫛部天思 会社の同僚や古くか…

  5. 生れたる蝉にみどりの橡世界 田畑美穂女【季語=蝉(夏)】

    生れたる蝉にみどりの橡世界田畑美穂女 先週、約4年ぶりに上…

  6. 虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男【季語=虹(夏)】

  7. こぼれたる波止の鮊子掃き捨てる 桑田青虎【季語=鮊子(春)】

  8. 白魚のさかなたること略しけり 中原道夫【季語=白魚(春)】

  9. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】

  10. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】

  11. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】

  12. 夕空や日のあたりたる凧一つ 高野素十【季語=凧(春)】

おすすめ記事

  1. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】
  2. 棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌 秋元不死男【季語=青峰忌(夏)】
  3. 一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子【季語=雲の峰(夏)】 
  4. 土器に浸みゆく神酒や初詣 高浜年尾【季語=初詣(新年)】
  5. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏

Pickup記事

  1. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  2. 【冬の季語】冴ゆ・冴え
  3. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  4. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】
  5. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
PAGE TOP