久保田万太郎

  1. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】

    散るときのきてちる牡丹哀しまず稲垣きくの 牡丹は開ききった時が一番美しい。後は散るだけの宿命を知りつつ緻密なる花弁を大きく広げる。花弁の一枚二枚が剥がれた状態はまだ美しいが、最後は芯にしがみつく形で…

  2. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】

    詠みし句のそれぞれ蝶と化(け)しにけり久保田万太郎))「い…

  3. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】

    あたゝかに六日年越よき月夜大場白水郎(『カラー図説日本大歳時記』)…

  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦

    【第31回】田園調布と安住敦広渡敬雄(「沖」「塔の会」)田…

  5. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】

    松葉屋の女房の円髷や酉の市久保田万太郎(『流寓抄』)三の酉…

  6. あきかぜの疾渡る空を仰ぎけり 久保田万太郎【季語=秋風(秋)】

  7. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦

  8. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2

  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第11回】三田と清崎敏郎

  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第115回】今田宗男

  11. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月15日配信分】

  12. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP