久保田万太郎

  1. 時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎【季語=春の夜(春)】

    時計屋の時計春の夜どれがほんと久保田万太郎あっさいあるあるから入らせてもらうが、この俳句を「春の夜の時計春の夜どれがほんと」と言ってしまう、というのがある。この俳句の場合、「時計屋の時計(の…

  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第70回】 浅草と久保田万太郎

    【第70回】浅草と久保田万太郎広渡敬雄(「沖」「塔の会」)…

  3. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】

    萩にふり芒にそそぐ雨とこそ久保田万太郎いよいよ今回で九月・…

  4. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】

    遠き屋根に日のあたる春惜しみけり)久保田万太郎『流寓抄』晩…

  5. ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎【季語=春の雪(春)】

    ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪久保田万太郎(『現代俳句協会編『昭和俳…

  6. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】

  7. もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】

  8. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】

  9. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】

  10. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】

  11. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦

  12. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第37回】龍安寺と高野素十
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#5
  3. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ なかはられいこ
  4. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】
  5. 水中に風を起せる泉かな 小林貴子【季語=泉(夏)】

Pickup記事

  1. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  2. 【春の季語】朧夜
  3. てつぺんにまたすくひ足す落葉焚 藺草慶子【季語=落葉焚(冬)】
  4. わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪【季語=風花(冬)】
  5. しろがねの盆の無限に夏館 小山玄紀【季語=夏館(夏)】
PAGE TOP