十一月

  1. 【冬の季語】冬に入る

    【冬の季語=初冬(11月)】冬に入る【ミニ解説】太陽暦の11月8日ごろ、冬の最初の日、すなわち「立冬」のこと。二十四節気のひとつである「立冬」と比べて、身体を通じて、冬に入っていくことを確認するような実感が…

  2. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】

    あたゝかき十一月もすみにけり中村草田男今週に入って少しづつ…

  3. 【冬の季語】今朝の冬

    【冬の季語=初冬(11月)】今朝の冬【ミニ解説】冬の最初の日、すな…

  4. 【冬の季語】冬立つ

    【冬の季語=初冬(11月)】冬立つ【ミニ解説】太陽暦の11月8日ご…

  5. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)

    【冬の季語=初冬(11月)】冬来たる(冬来る)【ミニ解説】太陽暦の…

  6. 【冬の季語】立冬

  7. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】

  8. 【冬の季語】十一月

  9. あたたかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=冬の空(冬)】

  10. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】

おすすめ記事

  1. 祭笛吹くとき男佳かりける 橋本多佳子【季語=祭笛(夏)】
  2. 【#26-1】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
  3. 暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男【季語=泳ぐ(夏)】
  4. 【冬の季語】セーター
  5. いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一【季語=狐(冬)】

Pickup記事

  1. 【書評】小池康生 第2句集『奎星』(飯塚書店、2020年)
  2. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第29回】広渡敬雄
  4. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年9月分】
PAGE TOP