豆を撒く

  1. 【冬の季語】節分

    【冬の季語=晩冬(2月)】節分「立春」(毎年2月4日ごろ)の前日のこと。一般的には「鬼は外、福は内」と声を出しながら「豆撒」をして、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる「厄除」=「追儺」を行う…

  2. 【冬の季語】追儺

    【冬の季語=晩冬(2月)】追儺「立春」前日、すなわち「節分」に邪気…

  3. 【春の季語】黄水仙

    【春の季語=初春(2月)】黄水仙ヒガンバナ科の多年草。南ヨ…

  4. 【春の季語】余寒

    【春の季語=初春(2月)】余寒「立春」直後の「早春」は、ところどこ…

  5. 【冬の季語】鬼やらい

    【冬の季語=晩冬(2月)】鬼やらい「節分」に「豆を撒く」こと。動詞…

  6. 【冬の季語】節分会

  7. 【冬の季語】鬼やらう

  8. 【春の季語】立春

  9. 【冬の季語】豆撒く

  10. 【冬の季語】豆撒

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】マスク
  2. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
  3. 枯野から信長の弾くピアノかな 手嶋崖元【季語=枯野(冬)】
  4. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  5. 【夏の季語】葉桜

Pickup記事

  1. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】
  2. けさ秋の一帆生みぬ中の海 原石鼎【季語=今朝秋(秋)】
  3. 【#14】「流れ」について
  4. 夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】
  5. 【第2回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 月野ぽぽなさん)
PAGE TOP