1. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】

    二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ)飯島晴子『八頭』は、最初の三句集よりもより華やか、煌びやかで、気高い。それでいて、狩、肉などの荒々しさもある。掲句はまず、風折烏帽子と鶯。鶯と狩、鶯と風。…

  2. 少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女【季語=鶯(春)】 

    少女才長け鶯の鳴き真似する)(三橋鷹女掲句は、三橋鷹女句集…

  3. 【春の季語】鶯

    【春の季語=三春(2月〜4月)】鶯春を告げる鳥。夏になると…

  4. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】

    鶯に蔵をつめたくしておかむ)飯島晴子当然「に」がポイントと…

  5. 【春の季語】初音

    【春の季語=初春(2月)】初音初音といえばミクであるが、俳句ではそ…

  6. 【春の季語】鶯笛

  7. 【春の季語】鶯餅

  8. 【冬の季語】浮寝鳥

  9. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】

  10. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 

  11. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 

  12. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】小春日和
  2. 【冬の季語】大寒
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第7回】大森海岸と大牧広
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊
  5. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】

Pickup記事

  1. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】
  2. 「けふの難読俳句」【第9回】「蹼」
  3. 南天のはやくもつけし実のあまた 中川宋淵【季語=南天の実(冬)】
  4. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】
  5. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
PAGE TOP