ハイクノミカタ

ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ゑんまさまきつといい子になりまする  

西野文代 

季語は「閻魔詣」で、旧暦の1月16日と7月16日は、閻魔王の賽日。それぞれの前日は、1月15日(小正月)と7月15日(盆)という大事な祭日で、実家の行事にも参加できるようにと、「藪入り」(住み込みの奉公人や嫁いできた嫁が、実家へ帰る事ができる休日)になったそうだ。薮入りに際しては、主人が奉公人に着物や小遣いを与え、親元に送り出したというから、本人も嬉しかっただろうし、親も待ち待っていたはず。新暦ではそんなこと、すっかり忘れられているが、うだるような暑い夏の日、まだ小さな子供を連れて閻魔堂にお参りにいったのである。地獄の主神を前に、子供を大事に思う気持ちは、今も昔も変わらないが、旧暦の風習がすっかり忘れられてしまった現在だからこそのユーモアが、掲句のひらがな書きに表れているようだ。(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  2. 懐手蹼ありといつてみよ 石原吉郎【季語=懐手(冬)】
  3. この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子【季語=クリスマス(…
  4. 真っ黒な鳥が物言う文化の日 出口善子【季語=文化の日(秋)】
  5. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】
  6. 鳥帰るいづこの空もさびしからむに 安住敦【季語=鳥帰る(春)】
  7. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  8. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP