ハイクノミカタ

ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】

ゑんまさまきつといい子になりまする  

西野文代 

季語は「閻魔詣」で、旧暦の1月16日と7月16日は、閻魔王の賽日。それぞれの前日は、1月15日(小正月)と7月15日(盆)という大事な祭日で、実家の行事にも参加できるようにと、「藪入り」(住み込みの奉公人や嫁いできた嫁が、実家へ帰る事ができる休日)になったそうだ。薮入りに際しては、主人が奉公人に着物や小遣いを与え、親元に送り出したというから、本人も嬉しかっただろうし、親も待ち待っていたはず。新暦ではそんなこと、すっかり忘れられているが、うだるような暑い夏の日、まだ小さな子供を連れて閻魔堂にお参りにいったのである。地獄の主神を前に、子供を大事に思う気持ちは、今も昔も変わらないが、旧暦の風習がすっかり忘れられてしまった現在だからこそのユーモアが、掲句のひらがな書きに表れているようだ。(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】
  2. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】
  3. Tシャツの干し方愛の終わらせ方 神野紗希【季語=Tシャツ(夏)】…
  4. 絵杉戸を転び止まりの手鞠かな 山崎楽堂【季語=手鞠(新年)】
  5. 昼顔のあれは途方に暮るる色 飯島晴子【季語=昼顔(夏)】
  6. くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな 皿井旭川【季語=新酒(秋)】
  7. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  8. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】

おすすめ記事

  1. 秋櫻子の足あと【第4回】谷岡健彦
  2. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  3. 【冬の季語】梟
  4. 福笹につけてもらひし何やかや 高濱年尾【季語=福笹(冬)】
  5. 印刷工枯野に風を増刷す 能城檀【季語=枯野(冬)】
  6. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  7. 【春の季語】鷹鳩と化す
  8. 【春の季語】初蝶
  9. 麦よ死は黄一色と思いこむ 宇多喜代子(無季)
  10. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇

Pickup記事

  1. 雛まつり杉の迅さのくらやみ川 飯島晴子【季語=雛祭(春)】
  2. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第5回】
  4. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  5. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】
  6. 【春の季語】雛飾(雛飾り)
  7. 【冬の季語】冬日
  8. 【秋の季語】西の虚子忌(西虚子忌)
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年3月分】
  10. よき椅子にもたれて話す冬籠 池内たけし【季語=冬籠(冬)】
PAGE TOP